information

メールボタン
お問い合わせボタン

京都 坐骨神経痛







坐骨神経痛




常にお尻にピリっとした痛みや重だるさ、しびれがある
お尻や太もも足に冷っとした感じや逆に熱く感じたり締め付けられる感がある
ある程度の距離を歩くと痛みやしびれだるみにより歩けなくなり座って休むとまた歩けるようになる(間欠性跛行)
長時間同じ姿勢(立ち仕事・デスクワークなど)をしていると痛みが強くなる
体を動かすと症状がきつくなる
足に力が入りにくい
足の筋肉の太さに左右差がある
じっとしていても痛い、だるい
足の裏が分厚くなったような感じで常に靴下を履いているような感覚がある

このような症状があると辛いですよね。
日常生活日常生活にも支障をきたしてしまいます。でも、あなたと同じ坐骨神経痛で悩んでいた方が当院の施術で改善されております。

まずは当院の施術を受けて坐骨神経痛が改善された方の声をご覧ください。



坐骨神経痛の原因は様々です 


坐骨神経痛といっても、原因は様々なので、その状態にに合った治療が必要となってきます。

どの腰痛に対しても、温熱療法・牽引・ブロック注射などの同じ治療法をするというのは適切ではないかもしれません。

原因をきっちりと特定し、それに対して適切な治療・予防対策をしていけば改善していきます。


坐骨神経痛の原因は狭窄症やヘルニアです

坐骨神経は、お尻から太ももの後ろ側を通り足先まで分布しており、そこの筋肉を支配しています。からだの神経の中で最も太く長さも1m以上もある長い神経です

よって、脊柱管狭窄症やヘルニアなどが原因で坐骨神経を刺激することで、お尻から太ももの後ろ、足先までの坐骨神経が通っているところに沿って、痛みやしびれ麻痺などがおこる状態を示す言葉(症状名)であり、病名ではありません。

お尻から足の方までの痛みやしびれといった症状をまとめて坐骨神経痛と呼んでいます。(例 腹痛・腰痛・歯痛etc・・・と一緒です)



坐骨神経痛の症状


坐骨神経痛は基本的に、腰の動作により痛みやしびれが増強しますが、動作で痛みはないがしびれがずっとあるということもあります。

主に、
・お尻から足にかけて痛みやしびれがある
・歩行していいると足に痛みやしびれが現れ、座って休むと楽になる
・安静にしていても痛みやしびれがある
・寝ていても痛みやしびれがあり眠れない
・立っていると痛みやしびれがきつくなり、立っていられなくなる
・足の裏の感覚がおかしい
・足に力が入りにくい

など腰痛に伴いお尻から太ももの後ろ、すねやふくらはぎの痛みやしびれといった症状が現れます。

特徴として左右のどちらか片側だけに症状がでることが多いですが、重症化すると両足に症状がでたり馬尾症状(会陰部の異常感覚や膀胱直腸障害など)があらわれることもあります。


坐骨神経痛をおこす疾患名


腰椎ヘルニア
椎間板の中の髄核が神経を刺激し、痛みやしびれなどをおこす

脊柱管狭窄症
背骨の中には脊柱管という神経などが通っている管があり腰椎分離症すべり症になることで脊柱管が狭くなり神経を刺激し痛みやしびれがあらわれる

利状筋症候群
利状筋というお尻の筋肉が坐骨神経を圧迫し痛みやしびれなどをおこす

変形性腰椎症
加齢により変形してしまった腰椎が坐骨神経を刺激している

股関節疾患
何らかの股関節疾患が原因で坐骨神経を刺激している

ヘルペス
など

その他で気をつけておくべき疾患
脊椎・脊髄腫瘍
骨盤内腫瘍



坐骨神経痛 チェック法


お尻~足のしびれを感じたら
1、腰動き(前屈や後屈など)によってしびれが増す動きがあるか?確認します。 2、仰向けになり、膝を伸ばした状態で片足を90度くらいまでゆっくりと誰かに持ち上げてもらいます。

いずれも、痛みやしびれが増強した場合は坐骨神経痛の可能性が高いです。



坐骨神経痛の治療法


病院では
薬物療法
消炎鎮痛剤・痛み止め・神経障害性疼痛治療薬、筋緊張弛緩剤、血管拡張薬など

神経ブロック療法
硬膜外ブロック、選択的神経根ブロック、坐骨神経ブロック

理学療法
温熱療法、電気療法、運動療法など

認知行動療法

手術療法







当院 坐骨神経痛の原因


坐骨神経痛の痛みやしびれは、椎間板や椎間関節のズレや変形によるもの、筋肉のバランス、内臓からの反射による腰部への負担から神経圧迫をこおしていることが原因だと考えられます。

その他に、長引く痛みやしびれによりストレスを感じ続けることになります。
その結果、脳にストレスがかかり続けていることにで脳に誤動作が生じます。

脳から正常な情報が伝達されなくなると、当然受け取る側である筋骨格系、神経系、内臓系などの各器官も正常に働かなくなり痛みやしびれなどの症状が長引くことになります。







坐骨神経痛の原因の一つに、腰椎の椎間板や椎間関節のズレや変形により神経圧迫をおこしているという要因があります。

変形してしまった骨が元通りになることは期待しにくいですが、神経圧迫を改善することで、痛みやしびれなどの症状が引いてくることは期待できます。

そのためには、腰椎だけをなんとかしようとするのではなく、骨盤の歪みを整えることで腰椎でおこっている神経圧迫が改善していくように調整していきます。

更に、腰椎と頚椎は相関関係があり、どちらかだけが歪むということはありません。なので逆にいうと、頚椎のバランスを整えることで、腰椎も調整されていきます



内臓のバランスの乱れにより背部や腰部の筋肉が緊張をおこすことがあります。
これは、身体のもっている反射作用によるもので、内臓ー体性反射または体性ー内臓反射、内臓ー内臓反射などがあります。

なので、この内臓のアンバランスから腰の筋肉の緊張が生じ、腰椎で神経圧迫をしている場合は、腰やお尻の筋肉をいくら緩めても改善されません。

背部や腰部の緊張を改善するためには、内臓を整えることが重要なポイントになります。




痛みやしびれが長引くと脳にストレスがかかり続けることになります。

そうすると脳から身体に指令を出す伝達機能に乱れが生じ、筋肉や骨格的に整っていても痛みやしびれを感じ続けるということがあります。

電気のスイッチが正常にON-OFFができなくなってる状態だと思ってもらうと分かりやすいかもしれません。

このスイッチのON-OFFを正常に機能するように、頚椎や腹部の太陽神経叢に対してアプローチして調整していきます。




初回(40分~60分) →検査料2000円+施術料6000円 税込
2回目以降(30分程度)施術料 →6000円 税込

痛みなど症状を改善させることを目的にしていますので、原因を探し出し、症状が改善するために必要なことだけさせていただきます。『長い時間施術してほしい』などの慰安目的の方にはご期待に答えることができませんのでご注意ください。







坐骨神経痛は、腰の痛みに伴いお尻から足にかけて痛みやしびれといった症状の総称です。
坐骨神経痛をひきおこす疾患として腰椎椎間板ヘルニア、脊椎分離症、すべり症などがあります。

坐骨神経痛でお悩みで、このホームページをご覧いただき何かを感じて頂いたら、ぜひ当院にお越しください。一緒に坐骨神経痛の改善を目指しましょう。



このページをご覧になっている方へのおすすめ記事

 坐骨神経痛の前兆となる症状とは
 腰痛予防になる寝方・起き方

「その他の腰痛に関する記事

腰の痛み  
ぎっくり腰   
脊柱管狭窄症  
腰椎分離症
すべり症  
腰のヘルニア  
婦人科系 腰痛 
右腰の痛み
左腰の痛み 
骨盤の前の痛み

知っておきたい!腰痛を伴う命に関わる疾患

破裂すると怖い「腹部大動脈瘤」
背中から腰に痛みを伴う「腎梗塞」
尿毒症もおこる「腎不全」

地図情報



お問い合わせは今スグこちら!

電話番号 0120-585-188
       

お問い合わせボタン


ページトップに戻る