京都 西大路七条の整体「仲山鍼灸整体院」TOP> 脊柱管狭窄症の方へのページ

information

メールボタン
お問い合わせボタン

京都 脊柱管狭窄症







脊柱管狭窄症




歩いていると足の痛みやしびれがきつくなり、座ると楽になってくる
台所仕事など長い時間、立っていられない
靴を履く姿勢など腰を曲げていると足の痛みやしびれが楽になってくる
仰向けで寝ていると痛みやしびれがあらわれる
背筋を伸ばす、腰をそるなどの動作で痛みやしびれが増強する
手術を勧められたが、なるべく手術はさけたい
治療を受けることで痛みやしびれが増強したらこわいという不安がある
歩くことは好きだが痛みやしびれがあるため行けなくなった

非常にお辛い状態であることお察しいたします。
あなたと同じ、その脊柱管狭窄症で悩んでおられた方が当院の施術で改善されてます。

まずは、当院の施術で改善された方の声をご覧ください。


脊柱管狭窄症とは?


背骨は一つ一つが輪の形状になっており、その輪が連なった管を脊柱管といいます。この脊柱管には、脳から出ている神経である脊髄が通っています。

骨や靭帯など背骨の組織が肥厚したり、椎間板が突出することで脊柱管が狭くなり中を通っている脊髄が圧迫されると神経に異常をきたし、腰痛や足のしびれや重だるさなどの症状が出る状態を脊柱管狭窄症といいます。

人によっては40代後半から発症することもありますが、高齢者の方に多い疾患です。

脊柱管狭窄症の原因


脊柱管狭窄症の原因は、大きく分けて3つあります。どれもそれぞれの要因により脊柱管を取り囲む組織である靭帯(黄色靭帯など)や椎骨や椎間板などの肥厚により、脊柱管がせまくなり脊髄神経を圧迫することで脊柱管狭窄症の症状があらわれます。

変形性脊椎症
変性すべり症・椎間板の腫れ・背骨の靭帯や椎間関節の肥厚変形により腰の骨の内部にある、脊髄・神経が通っている通路(脊柱管)が狭くなることにより神経組織が慢性的に圧迫されている状態で発症します。

加齢変化によるもの
加齢変化により背骨やそれに関する人体組織の変形などにより脊柱管が狭くなり神経組織が慢性的な圧迫を受け発症します。

先天的なもの
先天的に脊柱管が狭い状態

脊柱管狭窄症の症状と特徴



特徴的な症状として「歩いていると足の痛み・しびれ・こわばりが出てくるために歩行が困難になるが、椅子に座るなど休憩すると再び歩くことができる」
という間欠性跛行があります。
(腰を丸めるようにすると神経の圧迫が緩和されるため座ると楽になります。逆に腰を反らすと痛みが出現します。)

症状が進行すると歩行距離や連続歩行時間が短くなり、そのため足の筋肉が萎縮し歩行障害になることもあります。

他に、肛門の少し前辺り(会陰部)に異常感覚、しびれ感・冷感・灼熱感・絞扼感が生じます。

脊柱管狭窄症 3つの分類


脊柱管狭窄症には、神経根型・馬尾型・混合型の3種類にわけられます。

神経根型
片側の足に痛み・しびれ・こわばりや間欠性跛行といった症状があらわれ腰を反らすと痛みなどの症状があらわれる、もしくは増強する。(まれに両足に症状がでることもある)

馬尾型
両足に症状があらわれる。会陰部の異常感覚。便や尿が出ない・逆に我慢できないなどの排泄障害が起こったりもします。また、男性では間欠性跛行と同時に勃起する(痛みを伴う)間欠性勃起という症状もみられます。
神経根型より重症になります。

しびれはあるが痛みは無い
両足にしびれや痛みがある
両足の裏にしびれまたはほてりがある
お尻の周りにしびれやほてりがある
尿が漏れる、もしくは出ない
会陰に異常感覚がある

これらの症状がある場合は、馬尾型で進行しやすいです。

混合型
両方の症状があらわれ、両足に症状が出る場合と片足にだけ出る場合がありますが、かなりの激痛を伴います。

注意)特徴的な症状である間欠性跛行は、脊柱管狭窄症の他に足の動脈硬化症(バージャー病)という血管の循環障害からあらわれることもあります。血管の問題かどうか?を見極めるために、まずは足の動脈拍動を触知して拍動があるか?をみます。

脊柱管狭窄症の治療法


手術療法

狭窄している部位を広げるための手術をします。
基本的には腰椎麻酔での手術ですが、最近では小さい傷ですむ内視鏡手術も選択肢としてあげられます。

薬物療法
消炎鎮痛剤や筋弛緩剤、血流を良くする薬、ビタミンB12などの薬物を服用することで痛みの除去や幹部の弛緩・血流改善を目指します。

電気療法
筋肉を柔らかくし鎮痛作用を目的に低周波や超短波などの電流をながします。

神経ブロック注射
硬膜外ブロック・仙骨ブロック・神経根ブロックなどの方法があります。
他にトリガーポイント注射があり痛みを解消するのが目的ですが根本的な解決にはなりにくいです。

リハビリ療法
温熱療法や運動療法、牽引療法、マッサージなどの方法で神経圧迫の改善を目指します。




脊柱管狭窄症の原因は、神経組織の圧迫です


背骨は椎骨という骨が頚椎7個・胸椎12個・腰椎5個で構成されていて、背骨には椎孔という空間があり、その縦に連なった管のことを脊柱管といい神経や血管が通っています。

椎体や椎弓、靭帯、椎間板などの変性により脊柱管が狭くなり、脊柱管を通る神経組織や血管が圧迫されるため痛みやしびれといった症状があらわれます。

立っていたり、歩く、洗濯物を干す、台所仕事をするなどの動作は脊柱管が圧迫された状態になるため臀部や下肢に痛みやしびれといった症状があらわれますが、座ったり背中を丸くすると脊柱管の圧迫がなくなるため痛みやしびれが楽になります。

脊柱管狭窄症の原因は、一つではありません。


脊柱管狭窄症の原因といえば、変形すべり症や組織の肥厚などの変形脊椎症や加齢または先天的要因により脊柱管が狭くなり神経圧迫をおこし足に痛みやしびれといった症状がおこるものとされています。

では、なぜ?背骨や組織の変形がおこり脊柱管が狭くなってしまったのでしょうか?
体や骨盤の傾き?下半身が原因?上半身が原因?内蔵の働きが?血液循環が?
冷えが?ストレス?添加物の摂取により内臓に影響していることが原因?

正直に言うと答えは・・・。
どれも可能性があります。なんやそれっ!ですよね(笑)
骨格や内臓や冷えなどの構造的な原因・精神的な影響・アレルギー・添加物などの毒素など様々な影響を受けている中で生きるために自身でバランスをとっていった積み重ねの結果として腰痛や足の痛みやしびれといった症状があらわれます。

なので!
脊柱管が狭くならざるおえないような状態の身体のバランスになっていることが原因です

※1つ共通点として言えるのは、脊柱管狭窄症の方で身体に冷えをもっておられる方は多いです。





腰椎の狭窄し圧迫している部位だけをなんとか広げようとしても広がりません。なぜなら人体は常に様々なバランスをとっているからです。

特に頚椎と腰椎は、ロベット関係と言って直接的に上下で互いにバランスを取り合っています。

そのため腰椎がバランスを崩した状態になっていると、頚椎のバランスも崩れています。

逆に、腰椎の調整をする時には頚椎の調整をすることで狭窄している腰椎の改善にもつながります。




内臓のバランスも腰との関係が深いです。
風船を上から抑えると中の空気圧は、分散され他の部分に圧がかかります。

内臓のバランスが崩れることで、腰部にも緊張が生じます。
この場合、腰周りの筋肉を緩めようと直接筋肉に刺激をしても、なかなか緩まりません。

内臓や腹部の筋肉、腹部にある太陽神経叢という神経の束を刺激し緩めることで身体全体がゆるみ、狭窄し圧迫している腰椎の改善につながります。




脊柱管狭窄症を改善するための3つ目のポイントは、骨盤と股関節のバランスです。
腰椎の狭窄や神経圧迫が生じている直接的な要因となっているのが、骨盤の歪みとその歪みを生んでいる股関節の緊張です。

施術により骨盤と股関節のバランスを整えていくことで腰椎の脊柱管狭窄している部分が開放されていきます。



頚椎と腰椎の上下のバランス、内臓のバランス、骨盤と股関節のバランスを整えることで、腰の狭窄部位にだけかかっている負担がかからないようにすることで、自然に脊柱管狭窄症が改善していくことを目指すことで再発の予防にもなります






初回(40分~60分) →検査料2000円+施術料6000円 税込
2回目以降(30分程度)施術料 →6000円 税込

痛みなど症状を改善させることを目的にしていますので、原因を探し出し、症状が改善するために必要なことだけさせていただきます。『長い時間施術してほしい』などの慰安目的の方にはご期待に答えることができませんのでご注意ください。


脊柱管狭窄症に関連する記事

脊柱管狭窄症の足の痛みやしびれの主な治療法

脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの違い

悪化すると怖い脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は温めた方が良いのか?冷やした方が良いのか?

自宅で簡単、ホットパックの作り方

脊柱管狭窄症は運動した方が良いのか?安静が良いのか?

足がつる病気とその治し方

腰痛の時の布団の硬さ



お問い合わせは今スグこちら!


       

お問い合わせボタン


ページトップに戻る