information

メールボタン
お問い合わせボタン

京都 腱鞘炎






腱鞘炎



指や手首(母指側)の曲げ伸ばしがしにくい
動作の角度によってピキッとした痛みがはしる
字を書いたり箸を持つのが痛い
タオルを絞る動作で痛みがある
パソコンのタイピングやマウスの操作で痛みが出る


このような指や手首の症状が続くと辛いですよね。
当院では、同じような症状でお悩みの方が多く改善されています。

まずは腱鞘炎を改善するために、知っておいた方が良いことがあります。




腱鞘炎とは


関節は、筋肉が伸び縮みすることで動きます。
その筋肉は腱に移行し骨に付いています。(筋→腱→骨に付く)
その腱が浮き上がらないように腱鞘という筒状のもので腱を止めています。

通常、腱鞘(筒)の中を腱がスムーズにスライドし動いているのですが、使いすぎなどにより負荷がかかり続けることで腱が肥厚し腱鞘(筒)とのサイズが合わなくなり(筒より中身が大きくなる)腱と腱鞘の間に炎症が起こります。

これを狭窄性腱鞘炎といい、代表的なものにばね指ド・ケルバン氏病、テニス肘などがあり、最近ではパソコンやスマホの普及に伴い、パソコン腱鞘炎・マウス腱鞘炎などと言われることもあります。

主に、指の関節部・手首の母子側・肘の関節(内or外)に痛みや動きにくさ、だるみが生じます。

仕事や日常生活の中での繰り返し動作の負荷により発症するため悪化すると治りにくかったり再発しやすいのも腱鞘炎の特徴です。



腱鞘炎の原因


まず、どういった動作の繰り返しでなりやすいかですが
楽器など演奏動作
文字を書く
家事動作
赤ちゃんの抱っこ
パソコンのタイピング、マウス操作
スマートホンの操作
編み物動作
など、日常的に繰り返し指や手首、肘に長時間負荷がかかり続け腱が肥厚することで腱鞘との間に摩擦が生じ、炎症をおこし痛みが発生します。

また、出産後や更年期の女性にも起こる可能性があります。
これはホルモンバランス(エストロゲン・プロゲステロン)の変化によるものです

類似疾患
リウマチ・変形性指関節症・TFCC損傷



腱鞘炎の症状


指や手関節(母子側)肘にこわばりを感じ、屈げ伸ばしがしにくい
指や手関節(母子側)肘が痛い
ある動作でピキッとした痛みや激痛が走る
ペンを持ったり字を書くと痛い
ペットボトルが痛くて開けられない
物を持ったり掴んだりが痛い
タオルや雑巾を絞るのが痛い
安静にするとマシになるが手を使うと痛む
子供を抱っこするのが痛い
前腕や上腕にだるみがある
家事をしていると痛む
財布から小銭を出すときに痛む
パソコンのタイピングやマウスを使うと痛い
などの時に症状があらわれます。

腱鞘炎にも、軽症のもの~重症のものなど症状の程度があります。
ここでは、5つのレベルに分けて解説していきます。

第1レベル
指や手の動きに動きにくさや違和感、だるさなどを感じるが、休むと治まる。

第2レベル
指や手の特定の動作で、痛みを感じる時があるが常に痛いわけではないく休むと痛みもすぐに治まってくる。

第3レベル
指や手の特定の動作で痛みがあり、使ったあと余韻のような痛みが残るが休んでいると痛みも落ち着いてくる。

第4レベル
指や手の特定の動作だけではなく日常の何気ない動作で痛みが生じてくる。

第5レベル
常に痛みを感じ、安静にしていてもズキズキ痛む。(手術も視野に入れなければならない)

できるだけ早いレベルでの対応が望ましいです。症状が重症化するほど治癒にも時間がかかるので無理をして使い続けたり、そのうち治るだろうと安易に考えて放っておかず最低でも第3レベルの状態での何らかの治療や対策をして頂くことを強くおすすめします。



腱鞘炎の治療


一般的には
軽症時期だと、できるだけ安静にしストレッチ・テーピング固定などで症状が緩和してくることもあります。

重症化すると病院では、薬物治療・消炎鎮痛剤・ステロイド注射・手術療法などがおこなわれます。

基本的には痛みの緩和を目的とし炎症に対してのアプローチとして安静にして、冷やすor温める、固定する、痛みの出る動作をしないようにする、症状のある部位に不可がかからない運動をする。などの対処をします。











痛みのある部位だけを何とかしようとしても、なかなか改善しない場合があります

これは、頚椎や肩関節、背骨の歪みにより末端である、手首や手の指に負担がかかるような身体のバランスになってしまうことで腱鞘炎が起っているからです。

この場合、頚椎や肩関節の調整が必要になってきます。

重症度が高い場合は、骨盤の調整が必要な場合もあります。
なぜなら、骨盤や腰椎の歪みと頚椎の歪みは密接に関係しているからです。

頚椎と腰椎、骨盤と頭蓋骨は相対的に動いて身体のバランスをとっています。
どちらかに歪みが生じると、もう一方もバランスをとるために歪んできます。

身体にはこのようなバランス保持機能があるので、末端の痛みである腱鞘炎でも身体全体のバランスを整える必要があります。




肩周りから腕の筋肉の緊張を緩め、筋肉バランスの調整をします。

腱鞘炎になるということは、それだけ肩周りや腕の筋肉に過剰な負担がかかっているということです。

手を握る動作は、腕の筋肉の力が関連しています。試しに、手の力を抜いた状態で反対の手で手首より少し上のところを握ってみてください。

五指がギューっと曲がってきたと思います。

なので、手や手首の腱鞘炎を解消するためには、そこに関連する肩周りから腕の筋肉のバランスを整えることもポイントになってきます。




痛みやしびれが長引くと脳にストレスがかかり続けることになります。

そうすると脳から身体に指令を出す伝達機能に乱れが生じ、筋肉や骨格的に整っていても痛みやしびれを感じ続けるということがあります。

電気のスイッチが正常にON-OFFができなくなってる状態だと思ってもらうと分かりやすいかもしれません。

このスイッチのON-OFFを正常に機能するように、頚椎や腹部の太陽神経叢に対してアプローチして調整していきます。




初回(40分~60分) →検査料2000円+施術料6000円 税込
2回目以降(30分程度)施術料 →6000円 税込

痛みなど症状を改善させることを目的にしていますので、原因を探し出し、症状が改善するために必要なことだけさせていただきます。『長い時間施術してほしい』などの慰安目的の方にはご期待に答えることができませんのでご注意ください。






腱鞘炎は、重症化すれば痛みもキツく治りも遅いですので、手や指に違和感やだるさ、軽い痛みなどを頻繁に感じるようになったら早い目に、何らかの対処をすることが望ましいです。

痛みを感じているのに無理をして使い続けることは禁物です。



地図情報



お問い合わせは今スグこちら!


       

お問い合わせボタン


ページトップに戻る