京都 西大路七条の整体「仲山鍼灸整体院」TOP>足底筋膜炎の時の湿布の活用法のページ

information

メールボタン
お問い合わせボタン

足底筋膜炎の時の湿布の活用法


はじめまして、京都の西大路七条の鍼灸整体院、仲山鍼灸整体院の院長 仲山竜一郎です。

足裏が痛いが湿布を貼った方が良いのか?
冷湿布と温湿布のどちらを貼ったら良いの?
足裏が痛い時に自分で出来る事はあるのか?

なんていう疑問はありませんか?

足の裏が痛い時、湿布を貼った方が良いのか迷ったりすることってありますよね?

しかも、冷湿布が良いのか?温湿布が良いのか?判断が難しいと思います。

そこで、今回は足底筋膜炎の時の湿布の活用法について

現役、整体師であり鍼灸師である私が、できるだけ具体的にご紹介していきたいと思います。

足底筋膜炎の痛みを改善するにあたり、参考にして頂けたら幸いです。


足底筋膜炎とは



足底筋膜炎は、踵の骨から足先の骨にかけて扇状に広がり足底にかかってくる衝撃や負荷に対するショックを吸収してくれる部位である足底筋膜に炎症が起こり痛みを発症します。

その足底筋膜に繰り返し衝撃や負荷が、かかり続けることにより硬くなり足底筋膜の付着部である踵の骨や親指の下辺りに牽引刺激(引っ張られる刺激)が繰り返しかかることで微小な断裂が生じ炎症が起こります。

引っ張られることで足底筋膜の真中辺りに炎症が生じる場合もあります。

レントゲンで踵の骨に刺の様な骨棘が確認されることがあります。

これは骨を覆っている骨膜が足底筋膜に引っ張られ続けることで、そのまま固まってしまい骨棘を形成しますが痛みの直接的な原因は足底筋膜が硬くなってしまっていることです。

足底筋膜炎になりやすいスポーツとして剣道、陸上、ダンスなどがあり、プロスポーツ選手でもマラソン、サッカー、ゴルフ、野球、レスリングなど足底筋膜に過度な負荷がかかり続けることで発症しているケースが多いです。

スポーツだけではなく、長時間歩かなければならない仕事、長時間立ちっ放しの仕事など毎日毎日、足の裏へ疲労がたまるような仕事や逆に、デスクワークなど座っていることが多い人が急に足底に負荷のかかることを行った場合にも足底筋膜炎になりやすいです。

足底筋膜が硬くなってしまう原因として
①足底筋膜が負荷に耐え切れなくなる
②日々の疲労が抜けきれず蓄積されていく
③普段運動不足の状態で急に足底に負荷をかけた
④ハイヒールや合わない靴を履いている
⑤偏平足やハイアーチ
⑥冷え
⑦ふくらはぎやアキレス腱が硬い
⑧体重の増加
などがあげられます。


冷湿布と温湿布の違い


湿布を貼る時に、冷湿布と温湿布のどちらを貼ったら良いか?迷うことってありますよね?

そこで、冷湿布と温湿布の違いを解説させてもらいます。

冷湿布は、冷たく感じる薬品が塗ってあり、温湿布は、暖かく感じる薬品が塗ってあります

冷湿布と温湿布の違いは、ここだけです。

後は、血管を収縮させる作用の薬品と消炎鎮痛剤が塗ってあります。

なので、冷湿布も温湿布も冷やしたり温めたりする効果はありません。

例えば、コップに水を入れて冷湿布を貼っても、中の水は冷たくならず常温のままです。温湿布も同様に、水が温かくなることはありません。

なので、薬品での皮膚への刺激で冷たく感じるか温かく感じるかの違いがあるだけです。

とはいえ、人間には脳への刺激というものがあります。
冷たいと感じた時に身体全体に与える影響、温かいと感じた時に身体全体に与える影響を考えなければなりません。

では、冷湿布と温湿布のどちらを使ったら良いのか?

結論は「その時に気持ち良いと感じる方を貼る」です。

湿布としての効果は冷でも温でも同じなので、その時に気持ち良いと感じる方を選ぶと良いでしょう。

足底筋膜炎でこんな時は湿布を活用


足底筋膜炎は慢性的に足底に負荷がかかり続けることで疲労が溜まり、筋肉が柔軟性を失い、筋肉や筋肉の付着部に痛みが生じるものです。

なので打撲や捻挫のように、急性的にその場所に炎症が起こっているものではありません。

基本的には湿布を貼らなくても良いと思います。

しかし、足底筋膜炎は安静にしていて動かないと痛みは無いのですが、中には症状がキツくて安静にしていても疼いてしまう場合があります

そういう時は、湿布を活用してください。

他には、いつもより長時間歩いたり、立ったりしていた日は湿布を活用することをおすすめします。

ただ、湿布を貼ったからといって足底筋膜炎の痛みが解消されるわけではありません。

なので早い目に、適切な処置をしてくれる医療機関を受診してください。

どのような症状もそうですが、早く対処した方が早く改善されます

足底筋膜炎に対して自分でできること


足底筋膜炎になった時に自分でできることは
冷やさないようにする
ふくらはぎのマッサージ
ストレッチ

の3つがあります。

一番、おすすめなのは「冷やさないようにすること」です。

冷やさないようにする

1つ目は「冷やさないようにする」です。

冬場や夏場のクーラーなどで足元が冷えると改善を遅らせたり、痛みの増強につながってしまいます。

対処法として、一番おすすめしているのは「レッグウォーマー」です。
夏場はクーラーの中に入っている時だけ、レッグウォーマーを履くなど冷えに対する工夫をすることが足底筋膜炎の早期回復につながります。

逆に、足元を冷やしてしまうと改善が遅くなります。

2つ目は「貼るカイロ」です。

夏場は暑すぎて厳しいと思いますが、冬場は是非試してください。

直接、患部である足底に貼るのではなく、腰や骨盤辺りに貼るカイロをつけておくと下肢への血流も上がり身体全体も温まります。

3つ目は「入浴」です。

夏場でも冬場でもシャワーだけですまさずに、お湯をはって湯船にしっかりとつかり身体全体を温めてください。

身体全体の疲労を少しでも軽くする方法として入浴は非常に有効な手段ですので、おすすめです。

お風呂の温度は、最適な温度には個人差があるので、ご自身が一番心地良いと感じる温度で入浴してください。

ふくらはぎのマッサージ

2つ目は「ふくらはぎのマッサージ」です。

痛みのある足の裏を直接マッサージするのではく、ふくらはぎの筋肉をマッサージします。

ふくらはぎは筋肉の足底の筋肉との連動性があり、マッサージすることで足底の血流もあがり、筋肉も緩んできます。

やり方は、お風呂で痛くない程度にふくらはぎを刺激すると良いでしょう。

強すぎる刺激は逆効果になります。

ストレッチ

3つ目は「ストレッチ」です。

ストレッチも足の裏に対してストレッチをかけるのも良いですが、主にアキレス腱やふくらはぎのストレッチをおすすめします。

足の裏の筋肉はストレッチをかけにくいというのもありますが、マッサージと同じ理由でふくらはぎの筋肉が柔軟になると足の裏の血流改善にもなり、筋連動の関係で足底の筋肉も緩んできます。

なので、アキレス腱やふくらはぎを十分にストレッチする方が良いです。

時間があれば、アキレス腱やふくらはぎだけでなく、開脚や前屈など下半身のストレッチも合わせておこなって頂くと良いでしょう。


追伸

足底筋膜炎で湿布を貼った方が良いのか?どうなんだろう?と疑問に思われることもあるでしょう。

基本的には湿布を貼はらなくても良いと思いますが、歩いたり立ったりせずに安静にしていてもズキズキ痛むなど炎症反応がかなりきつい場合は患部に直接、冷湿布や消炎鎮痛剤入りの塗り薬で対処してください

自分でできることは、冷やさないこと、ふくらはぎのマッサージ、ストレッチなどありますが、足底筋膜炎の場合は専門的に施術してくれるところで適切な処置を受ける方が良いでしょう。

当院でも、足底筋膜炎のお悩みに対応しています。ご相談受け付けておりますので、是非お声がけください。

足底筋膜炎について詳しくはこちら


仲山鍼灸整体院 院長 仲山竜一郎
資格:鍼師、灸師、柔道整復師
修得:整体術、鍼灸、上部頚椎、カイロプラクティック、オステオパシーなど
 
京都で鍼灸整体院をさせてもらっています。


ページトップに戻る