information

メールボタン
お問い合わせボタン

京都 むちうち






むちうち



首を動かすと痛い
首や肩の動きに制限がある
後頭部に違和感がある
頭痛やめまい、吐き気を伴う
首や肩、背中に痛みや張りがある


このような痛みが続くと辛いですよね。
当院では、同じような症状でお悩みの方が多く改善されています。

まずは、むちうちを改善するために、知っておいた方が良いことがあります。




むちうちとは


一般的に言われている「むちうち」の整形外科的疾患名は「頚椎捻挫」「外傷性頚部症候群」「頚部挫傷」と言われています。また、レントゲンやMRIなどの画像診断が難しい。

交通事故、労働災害、スポーツ障害などで、後ろから強烈な衝撃が加わることで頚椎や神経に問題が生じ様々な症状を呈するもので、すぐに症状が現れないケースもあり1~2日後に症状が現れることもあります。

むちうちは、その強さや障害部位により5つに分類されています。



むちうちの種類と症状


むちうちは、衝撃の加わり方や強さにより損傷部位が異なり「頚椎捻挫型」「神経根型」「バ・レリュー症候群」「脊髄型」「脳脊髄液減少症」の5つに分類されています。

頚椎捻挫型
頚椎やそれに付随する筋肉や軟部組織の損傷で全体の70~80%がこのタイプ。

(症状)
首を動かすと痛む
首・肩・背中の筋緊張による張りや痛み
首や肩の動きに制限が出る
腕が手のだるみ、しびれ、力が入りにくい
頭痛、めまい、吐き気


神経根型
衝撃で頚椎がズレることで神経根が圧迫される。

(症状)
首を動かすと症状が増す
咳やくしゃみでも症状が増す
後頭部のモヤモヤ感
頭から手足の痛み、しびれ、だるさ
握力低下
顔面痛


バレ・リュー症候群(後部交感神経症候群)
頚の交感神経への衝撃と椎骨動脈・脳底動脈への血液の流れが低下し様々な症状が生じる。

(症状)
後頭部の痛み
首・肩のこりや痛み
頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気
片側の顔の痛み
目のかすみ、視力低下
疲れやすい(易疲労)


脊髄型
頚椎に問題があった状態で更に衝撃が加わったり、衝撃により頚椎が脱臼・骨折した時に脊髄が傷つき神経症状が生じる。

(症状)
腕や手・指のしびれ
足のしびれ
歩行障害
膀胱直腸障害


脳脊髄液減少型
脳脊髄液を覆っているくも膜が衝撃により傷つき、髄液が漏れることで脳や神経の働きが安定しない状態で様々な症状(不定愁訴)を生じる。初期に頭痛が起こりやすい。

(症状)
起きると頭痛がする
全身の様々な痛み
症状が天候や気圧の変化に左右される
頭痛、めまい、耳鳴り
自律神経症状
疲労感がある
集中力や思考力の低下



むちうちの治療法


病院では
(薬物療法)
痛み止めの注射、消炎鎮痛剤、

(固定)
頚椎カラーの装着

(理学療法)
マッサージ、電気療法、牽引治療など






むち打ちには頚椎にかなりの衝撃が加わっているので、施術とはいえ頚椎に対してあまり直接的な刺激をし過ぎない方が良いです。

なぜなら、むち打ちによって頚椎に炎症が起こっているため、直接的な刺激を加え過ぎると炎症が強まる可能性があるからです。

そこで当院では、むちうちの場合は、微弱の頚椎の調整、もしくは足や骨盤からの頚椎調整をおこないます。

施術後は、湿布で残っている炎症をちらしていきます。







初回(40分~60分) →検査料2000円+施術料6000円 税込
2回目以降(30分程度)施術料 →6000円 税込

痛みなど症状を改善させることを目的にしていますので、原因を探し出し、症状が改善するために必要なことだけさせていただきます。『長い時間施術してほしい』などの慰安目的の方にはご期待に答えることができませんのでご注意ください。



むちうちは1~2日後に症状が現れる場合があるので受傷したらその時は症状がなくても必ず病院での診察をして下さい。

ひどいむちうちの場合は、症状の回復に時間を要することがあります。



地図情報



お問い合わせは今スグこちら!


       

お問い合わせボタン


ページトップに戻る