information

メールボタン
お問い合わせボタン

京都 膝の痛み







膝の痛み

膝が痛くてスッと立てない
歩行すると膝が痛んだり違和感を感じたりする
階段の昇り降りがつらい
正座が出来ない
膝に水が溜まっていて痛い


このような痛みや症状が続くと辛いですよね。
当院では、同じような症状でお悩みの方が多く改善されています。




当院の紹介







【80代】 女性 膝の痛み、腫脹により歩行困難

【60代】 女性 2週間程前から、左腰~足にかけての痛み

【10代】 男性 左膝窩のしこり(ベーカー嚢腫)

【40代】 男性 2ヶ月前から左膝前の痛み

【80代】 女性 3ヶ月前から右膝内側に痛み(夜間痛あり)

【60代】 女性 右膝裏に痛みがあり歩けなくなった(ベーカー嚢腫)

【70代】 女性 右膝を曲げると痛い(夜間痛あり)

【30代】 女性 2ヶ月前から右膝裏に痛み、正座をすると違和感

【60代】 女性 あぐらの時&歩行時に右膝に痛み

【10代】 女性 1ヶ月前から左膝内側に痛み、運動後に痛めた

【70代】 男性 5日ほど前から右膝内側に痛み

【60代】 男性 2週間前から左膝裏に痛み&腰背部の痛み

【80代】 女性 3ヶ月前から右膝内側に痛み(夜間痛あり)

【50代】 男性 MRIで半月板損傷といわれ手術が必要といわれた

【60代】 女性 以前から左膝に痛みがあり、昨日痛みが強くなった




初回(40分~60分) →検査料2000円+施術料6000円 税込
2回目以降(30分程度)施術料 →6000円 税込

痛みなど症状を改善させることを目的にしていますので、原因を探し出し、症状が改善するために必要なことだけさせていただきます。『長い時間施術してほしい』などの慰安目的の方にはご期待に答えることができませんのでご注意ください。


お問い合わせは今スグこちら!


       


なぜ?病院で膝の痛みがよくならないのか?


病院では、手術(半月切除、修復術など)、投薬、ヒアルロン酸や痛み止めの注射、運動療法、理学療法、足底板、サポーター、テーピングなどの治療が行われます。これらは局所的なアプローチで、なぜ?膝関節に負荷がかかってしまったか?は考慮されていません。

もちろん手術が必要な場合もありますし、痛みがひどい時は痛み止めのお薬など服用した方が良い場合もあります。

ただ、病院で改善がみられない場合は、身体のバランスが崩れることで膝関節に負担がかかってしまっているケースがほとんどです



膝の痛み 種類


半月板損傷(靭帯損傷、ランナーズズニ―、ジャンパーズ二―)
ベーカー嚢腫
棚障害
変形性膝関節症
・鷲足炎
・腸脛靭帯炎
・膝蓋靭帯炎
・滑膜炎
・滑液包炎
・オスグット
・反張膝
など


当院の膝の痛みに対するアプローチ





膝に負担がかかるような身体のバランスになっていることで、膝に対して荷重がかかり続け、膝の痛みなのどの症状が出てきます。

身体のアンバランスにより、膝にかかってる負担を骨盤から股関節と足関節のバランスの調整をし全体を整えることによって、かかりつづけていた膝への負担を軽減していきます

身体が自然にバランスがとれるようになると、膝へかかっている負担が軽減し膝の痛みが改善していきます。






一見、内臓と膝とは関係がないように思いますが、腰と同様、膝との関わりも非常に深いです。

特に、左膝の痛みと胃での糖質の消化との関わりは注意すべきです。
消化するために、胃が下垂することで下肢へといく動脈を圧迫してしまいます。

通常の消化だけなら問題ないのですが、お菓子やアイスクリームなど甘いものを食べ続けていると消化に時間がかかり、下肢へいく動脈を圧迫し続けることになると、下肢への血流が不足し膝痛の原因になります。

実際に、糖の摂取を控えただけで膝の痛みが消失した方もおられます

他にも、腸への影響もあり、その腸からの原因で膝痛を起こすこともあります。

なので、膝の痛みの改善のポイントとして、内臓のバランスを整えることと、糖質の摂取を控えることが重要となってきます



膝の痛みと関わりの深い筋肉として、大腿部の筋肉(大腿四頭筋、大腿二頭筋)や下腿の筋肉(腓腹筋やヒラメ筋、腓骨筋群)などがあり、これらの筋肉の緊張を緩めることも必要になります。

ただ、この緩め方を間違えると余計に痛みを増幅してしまう可能性もあるので、やり方には十分な注意が必要です。

当院では、自然療法を旨としておりますので、あくまでも自然に筋肉が緩んでいくように施術していきます。

緊張している筋肉を特殊な方法で直接的に緩めることもしますが、全身のバランスをとることで足にかかっている負担を分担した結果、足の筋肉の緊張が自然に取れてくるように調整していきます。






膝の痛みに関する記事

変形性膝関節症

半月板損傷

ベーカー嚢腫

棚障害

歩行時の膝の痛み

膝に水が溜まることについて     

正座ができない時の膝の痛み      

立ち上がる時の膝の痛み     

膝の外側の痛みについて

膝の内側の痛みについて

膝の裏側の痛みについて

膝の皿の下の痛みについて     

膝の皿の上の痛みについて

膝の痛みと食事について


Q. 駐車場はありますか?

はい、院の前にご用意しております。

Q. 保険は使えますか?

申し訳ございません。当院では保険の取り扱いは致しておりません。
保険適用できる国家資格(柔道整復師)は有しているのですが、保険を使った施術の場合、施術できる範囲が限られています。

なかやま鍼灸整体院では、自費の施術だからこそ痛みを根本から取り除き、お1人お1人の体と向き合い症状改善を目指します。

レベルの高い施術をご提供させてもらうための措置としてご理解ください。

Q. 着替えはするのでしょうか?

施術の際、ジーパンやスカートなどは十分な施術がしにくいので動きやすい服装でお越し頂ければ着替えの必要はありません。

更衣室も、ご用意いておりますのでジャージやスウェットなどお持ち頂き着替えて頂いてもOKです。

当院に着替えもご用意しておりますので、お気軽にお声がけ下さいませ。

アクセス・地図


住所 京都市下京区西七条北西野町1番地

駐車場 整体院前に駐車場 有り



初回(40分~60分) →検査料2000円+施術料6000円 税込
2回目以降(30分程度)施術料 →6000円 税込

痛みなど症状を改善させることを目的にしていますので、原因を探し出し、症状が改善するために必要なことだけさせていただきます。『長い時間施術してほしい』などの慰安目的の方にはご期待に答えることができませんのでご注意ください。



お問い合わせは今スグこちら!


       

お問い合わせボタン


ページトップに戻る