京都 西大路七条の整体「仲山鍼灸整体院」TOP>頚椎ヘルニアでやってはいけない事のページ

information

メールボタン
お問い合わせボタン

頚椎ヘルニアでやってはいけない事


はじめまして、京都の西大路七条の鍼灸整体院、仲山鍼灸整体院の院長 仲山竜一郎です。

両手が動かしにくい
腕にしびれや鈍痛がある
握力が低下している
首をある角度に倒すと、腕への痛みやしびれが増強する
両足にしびれや違和感がある

なんてことはありませんか?

そうなると日常生活にも支障が出たり、思うように日常生活を送ることができないですよね。

これらの症状は、頚椎ヘルニアからくる神経圧迫が原因かもしれません。

もし、首や肩から腕への鈍痛やしびれがあったり、病院で頚椎ヘルニアだと診断された場合は、日々の生活習慣を変えることで改善へと導かれることがあります。

今日は日常生活の中で、頚椎ヘルニアでやってはいけない事について

現役、整体師であり鍼灸師である私が、できるだけ具体的にご紹介していきたいと思います。

頚椎ヘルニアを改善するにあたり、参考にして頂けたら幸いです。


頚椎ヘルニアとは


まず、頚椎は7つの首の骨が重なって成っています。その骨と骨の間に「椎間板」という中心部に「髄核」があり周りを「繊維輪」でおおわれているクッションのうようなものがあります。

その椎間板に何らかの負荷が加わり続けることで中にある髄核が繊維輪を破り出てくることで神経根や脊髄を圧迫し痛みや神経症状または脊髄症状を引き起こします。

頚椎の4番-5番に発症することが多く、30代~50代の中高年に多いといわれています。

よく似た症状を呈する疾患
胸郭出口症候群、正中神経麻痺、尺骨神経麻痺などがあります。


頚椎ヘルニアの症状から見る重症度


頚椎ヘルニアは神経症状が出るために、重症度や神経根を圧迫しているのか?脊髄神経を圧迫しているのか?によって様々な症状を呈します。

ここでは、症状からみる重症度ということで解説していきます。

初期の段階
肩こり・首や背中の痛み・胸の痛み・首や肩の鈍痛など、主に首や肩に症状が現れます。

また、動作によっては腕や手に放散痛が走るなどの神経症状を呈する場合もあります。

中期の段階
腕への放散痛やしびれ、肩から腕への鈍痛や手首の痛み、握力の低下、腕の筋肉の萎縮、鈍痛で夜も眠れないなどの症状が現れます。

夜間痛が出ている場合は、神経圧迫もかなり進んできている状態といえます。

後期の段階
更に、ヘルニアが進むと首や肩や腕の症状に加え、頭痛や後頭部の痛み、目の奥の痛み、耳鳴りや難聴、めまい、ふらつきなどの症状が現れます。

どこの頚椎の椎間板が圧迫されているか?によっても症状の出方に違いがありますが、頚椎ヘルニアの症状が長引いた結果、筋肉や骨格のバランスが崩れてしまい、その関連痛として頭痛やめまいなどの症状が現れている場合もあるので、一概に頚椎ヘルニアが進行しているとは言えませんが、いずれにせよ状態としては早急に適切な治療が必要だと言えます

末期の段階
頚椎ヘルニアがかなり進行すると、下半身にまで症状が現れてきます。

足のしびれや鈍痛、足の筋肉の張り感、歩行障害、排便排尿障害などの症状が現れてきます。

首から離れているので、頚椎ヘルニアとは関係が無いように思いますが、進行すると足の方にまで影響してきます。


頚椎ヘルニアがあり尚且つ頭痛も伴ってくる場合は、元々頭痛持ちだった場合を除き、頚椎ヘルニアが悪化しているといえます。

頚椎ヘルニアでやってはいけない運動


頚椎ヘルニアでやってはいけない運動は、頚椎に負担がかかる運動です。

安静時痛(じっとしていても疼く)がある場合は、運動は避けてください。
この場合、できるとすれば大胸筋のストレッチくらいですが、これも痛みやしびれが増す場合は中止した方が良いです。

首の後屈など、ある動作で痛みやしびれが出る場合は、ウォーキング程度の軽い運動なら良いですが、ウェートトレーニングやジョギング、ゴルフやテニスなどの運動は頚椎に負荷がかかってしまうので控えておくべきです。

     


頚椎ヘルニアでやってはいけない姿勢


頚椎ヘルニアでやってはいけない姿勢は、長時間のスマホやパソコン作業やデスクワークです。

とはいえ、お仕事でどうしても長時間パソコン作業やデスクワークをしないといけないという方もおられると思います。

そういう場合は
「こまめに休憩をとる」
「お尻の下にクッションなどを入れたり抜いたりする」
「足置きを用意して、足を置く高さを変える」
などで、姿勢をこまめに変える工夫をして頂くことをおススメします。

骨盤など下の位置関係が変わると、首の角度などの位置も変わり負担を分散できます。

他には、首の少しでも楽な角度で目を温めたり冷やしたりすることでも首の緊張を緩和することができます。


頚椎ヘルニアでやってはいけない寝方


頚椎ヘルニアでやってはいけない寝方は

うつ伏せ姿勢

うつ伏せの姿勢は、頚椎が極端に背屈するか、捻じれが生じた姿勢で長時間保つことになります。

そうすると、頚椎は変な形で圧迫を受け続けることになります。しかも圧迫を受けるということ以外に、その周りの筋肉にも負荷がかかり筋緊張が生じます。

なので、頚椎やその周りの筋肉にかなりの負荷がかかるのでうつ伏せ姿勢は、頚椎にとって良くないです。

横向きでの手枕姿勢

私は、横向きの手枕姿勢は、あらゆる姿勢の中で最も最悪な姿勢だと考えています。

この姿勢は、頚椎のバランスを最も崩してしまう姿勢だからです。

なぜなら、背骨の中で最も重要な頚椎一番という、背骨の一番上の骨のバランスが崩れてしまうからです。

一瞬では崩れることはありませんが、数分間、この姿勢をすることで頚椎は確実にズレます。この理論を利用した頚椎の治療法があるくらいです。

猫背や長時間のスマートフォンやパソコン作業など頚椎に負荷のかかりやすい姿勢は色々ありますが、中でも、うつ伏せ姿勢と横向きでの手枕姿勢は頚椎にとっては最悪と言えます。

デスクワークや勉強などでどうしても姿勢を正すということは大変なことですが、うつ伏せ姿勢や横向きでの手枕姿勢は、自分で気をつければすぐにでも止めることができることなので、頚椎ヘルニアや首や肩の不具合を改善しよとしておられる方で、思い当たる方はすぐに改善してください。

頚椎ヘルニアでやってはいけない入浴法


頚椎ヘルニアは、急性的に発症するのではなく慢性的に頚椎に負担がかかり続けることによって起こります。

そのため、首や肩の筋肉も緊張している状態にあります。

なので、基本的に身体全体を温めてリラックスさせる方が頚椎ヘルニアを改善していくためには必要です。

そこで大切になってくるのが毎日の入浴です。ゆっくりと湯船につかりしっかりと身体を温めてください。

頚椎ヘルニアでやってはいけない入浴法はシャワーだけですますことです
これだと身体の血液循環も良くならず筋肉も緩まないため、頚椎ヘルニアの改善につながりにくいです。

ただし安静時痛が強く、お風呂で温まると痛みが増すという場合は、サッとだけ湯船に入り、お風呂からあがったら湿布を貼って安静にしてください。

頚椎ヘルニアでやってはいけない荷物の持ち方


頚椎ヘルニアの場合、日々の鞄の持ち方も気をつけなくてはなりません。

肩ががけの鞄やキャリーケースはどうしても片側だけに負担がかかり、頚椎にも偏った負荷がかかるため頚椎ヘルニアの方にはおススメできません。

一番良いのはリュックサックです

リュックサックに入りきらない場合は、
リュックサック+肩かけの鞄or手さげ鞄
リュックサック+キャリーバック
というふうに、荷物を小分けにして持つことをおススメします。

実際に当院の患者さんで、重いキャリーバックを持って仕事で飛び回っていて肩や腕に痛みとしびれが出たという方もおられました。

なので、お仕事などで遠方に移動されることが多い方は気をつけてください。


追伸

日常生活では、様々な動作や人によっての癖があります。

特に頚椎ヘルニアになってしまった場合は、頚椎に負担がかかるような動作や生活習慣には、注意をはらう必要があるとういうことを認識して頂くことで改善の近道になります。

特にうつ伏せ姿勢や横向きでの手枕姿勢は、頚椎ヘルニアだけでなく頚椎にかなりの負担をかけることになるので、やめておいて下さい

頚椎ヘルニアは手術以外の方法(民間療法である鍼や整体)でも改善への導くことができる可能性も十分にあります。

ただし、排便排尿障害や歩行障害が出ている場合は手術も視野に入れて考えた方が良いでしょう。

当院でも、頚椎ヘルニアのお悩みに対応しています。ご相談受け付けておりますので、是非お声がけください。

頚椎ヘルニアについて詳しくはこちら


仲山鍼灸整体院 院長 仲山竜一郎
資格:鍼師、灸師、柔道整復師
修得:整体術、鍼灸、上部頚椎、カイロプラクティック、オステオパシーなど
 
京都で鍼灸整体院をさせてもらっています。


ページトップに戻る