京都 下京区の整体「仲山鍼灸整体院」TOP>半月板損傷と関節ねずみのページ

information

メールボタン
お問い合わせボタン

半月板損傷と関節ねずみ


はじめまして、京都の西大路七条の鍼灸整体院、仲山鍼灸整体院の院長 仲山竜一郎です。

膝の痛みがなかなか治らない
膝の関節が急に曲がらなくなった
階段の昇り降りがつらい
良くなったり悪くなったりを繰り返す
膝関節に水が溜まる

なんてことはありませんか?

そうなると日常生活にも支障が出たり、思うように日常生活を送ることができないですよね。

この場合、半月板損傷とよく似た症状を呈する関節ねずみというものがあります。

もし、関節ねずみなら早期発見することで早期解決につながります。

今日は半月板損傷と関節ねずみについて

現役、整体師であり鍼灸師である私が、できるだけ具体的にご紹介していきたいと思います。

膝の痛みを改善するにあたり、参考にして頂けたら幸いです。


関節ねずみについて


関節ねずみとは、関節内の軟骨などの骨のカケラ(小骨片)が遊離して関節内を動き回り、関節内の狭い隙間に挟まったり引っかかったりすることで強い痛みや可動域制限を引き起こし歩行困難になります。

この関節遊離体である小骨片は、移動するため狭い隙間から関節内の比較的広い場所に移動すると急に痛みが無く関節可動域も正常になります。

ただし、また狭い隙間に移動すると激痛や可動域制限がが起こります。

これを繰り返すと正常な軟骨や半月板を傷つけ変形性膝関節症などに進行してしまう可能性もあるため、関節遊離体である小骨片を取り除く必要があります。

症状は、膝の痛み、可動域制限、引っ掛かり感、ロッキング、関節水腫、違和感などを伴います。

関節ねずみの原因は
・変形性膝関節症
・軟骨損傷や軟骨骨折
・離断性軟骨炎
・骨壊死症
・骨軟骨腫症

などがあります。

発症する部位は各関節に発症します。
・膝関節
・肘関節
・股関節
・足関節

この中でも最も多く発症するのが膝関節です。

関節ねずみの検査法


関節ねずみの痛みの原因である関節遊離体はレントゲンには写らず、MRIでの画像検査が必要です。

ただし、MRIでも関節遊離体は関節内を移動しているために写らない時があるので1回の画像検査では判断しにくいです

なので、痛くなったり急に痛みが無くなったり動きやすくなったりを繰り返す場合は、関節ねずみがある可能性を疑い、慎重に検査をする必要があります。

最も、確実なのは関節鏡検査で直接膝の中を見る検査です。


関節ねずみは手術が必要か?


答えから言いますと、手術が必要です。

関節遊離体である小骨片の大きさにもよりますが、関節内から勝手に消えてなくなる可能性は非常に低いので取り除くための手術が必要になります。

主に関節鏡下手術でおこなわれ、3日~1週間で退院できる感じの手術です。

関節ねずみは放っておくと正常な軟骨や半月板を傷つける恐れがあるので、関節ねずみということが分かった段階で早い目に手術を選択することをおすすめします。


追伸

関節ねずみは、半月板損傷の症状とよく似た症状を呈するので鑑別診断が重要になります。

また、遊離体(骨片)は移動するためMRIでも写りにくく1回では判断しきれないので膝の激痛やロッキングがある場合は特に関節ねずみの可能性も疑ったほうが良いでしょう。

この関節ねずみは早期発見がカギになるので、セカンドオピニオンなど数人の医師の意見を聞いた方が良い疾患です。

当院でも、半月板損傷などの膝の痛みのお悩みに対応しています。ご相談受け付けておりますので、是非お声がけください。

膝の痛みについて詳しくはこちら

仲山鍼灸整体院 院長 仲山竜一郎
資格:鍼師、灸師、柔道整復師
修得:整体術、鍼灸、上部頚椎、カイロプラクティック、オステオパシーなど
 
京都で鍼灸整体院をさせてもらっています。


ページトップに戻る