京都 顎関節症

information

メールボタン
お問い合わせボタン





顎関節症



口を開けようとすると顎に痛が生じる
大きく口を開けられない
口の開け閉めの時に顎関節に音がする
食べていると顎がだるくなる
肩こりや頭痛を伴う


このような顎の痛みやだるさのような症状が続くと辛いですよね。
当院では、同じような症状でお悩みの方が多く改善されています。

まずは顎関節症を改善するために、知っておいた方が良いことがあります。



顎関節症とは


顎関節症になると、顎がカクカク鳴る・顎の関節が痛い・口を大きく開けられない・頭痛・肩こりなど様々な症状を呈します。

顎は食事や話をするなど日常生活で必ず毎日使うところでもあり、痛みが生じると大変な苦痛を感じます。

子供から大人まで幅広い年齢層で発症している顎関節症ですが、近年、増加傾向にあります。

特に20代から30代の若い女性に好発していて、はっきりしていませんが柔らかいものを食べる食生活になり咀嚼に必要な筋肉が衰えてきていることが原因ではないかと言われています。

顎関節症の症状


顎関節の痛み、咀嚼筋の疼痛、顎がカクカクする、物を噛むと違和感がある、顎が鳴る、口を開けづらい、噛むと痛い。

などの他に、頭痛、肩こり、腰痛、首や背中が凝る、耳鳴り、耳が痛い、難聴、めまい、目の疲れ、充血といった顎とは関係なさそうなところにも症状が現れることがあります。   



顎関節症の原因


顎関節症といえば、よく噛み合わせのことを言われていますが噛み合わせだけが原因でなるのではありません。直接的な原因は顎関節の歪みではあるのですが、顎関節が単独で動いているわけではないので顎関節に関連している部位のことも考えないといけません。

人体はバランスをとっていますから患部だけをなんとかしようとしても駄目なのです。なので顎関節と関連性のある頚椎や頭蓋骨、肩周り首周りの筋肉バランスも原因と考える必要性があります。


顎関節症の原因として頬杖、くいしばり、片噛み、日常動作や作業の癖などが影響しています。

くいしばり→緊張状態になると無意識に、くいしばっていることがある
歯ぎしり →夜間の睡眠中の歯ぎしり
ストレス →夜間の歯ぎしりやくいしばりは精神的なストレスとの関係も考えられる
・ 頬杖  →デスクワークやテレビを見ている時など日常的に頬杖が癖になっている
・ 片噛  →食事をする際、片方の歯ばかりで噛む癖がある
・ 猫背  →猫背や姿勢が悪いと顎への負担は想像以上にかかっている
日常の動作→日常生活で同じ動作を繰り返すまたは同じ姿勢を毎日していて、それが顎関節に影響を及ぼしている。

これらの、いくつかが複合してて顎関節症をひきおこします。

歯ぎしりやストレスなども原因だといわれていますが寝ている時のことは、どうしようもないですよね?対処法としてはマウスピースですが歯ぎしりだけが根本原因ではないので、あくまでも原因の1つです。



顎関節症の種類

1、筋肉型
顎の運動に関連する筋肉である、前頚筋・後頚筋舌骨上筋・舌骨下筋・胸鎖乳突筋・咬筋・側頭筋・内、外側翼突筋・僧帽筋などの筋肉に緊張やアンバランスが生じるこでおこる。

2、関節包・靭帯型
顎関節を形成している組織である関節包や靭帯に負荷がかることでおこる。

3、関節円板型
関節円板が転移(ずれる)ことによっておこる。

4、変形性関節症型
関節を構成する骨の変形や関節円板の変形などの退行性病変によりおこる。



顎関節の治療


病院では
・スプリント療法
・マウスピース
・物理療法
・薬物療法
・関節鏡手術
・顎関節腔内洗浄療法
などがあります。











顎関節のバランスをとるために、頚椎や頭蓋骨といった顎関節に関連する部位のバランスを整えた上で顎関節に対しての施術をおこないます。

なぜなら、顎関節(TMJ)は頚椎や頭蓋骨・肩関節・鎖骨や肋骨それらに付随する筋肉など複数の箇所とのバランスがあるからです。
なので顎関節の痛みやカクカクする症状以外にも、肩こりなど頚や肩の緊張症状も解決していく必要があります。




顎関節のアンバランスによる緊張は、全身の歪みも引き起こします。
そのため、顎関節の調整をするためには、顎関節の筋肉と連動している頚や肩周りの筋肉のバランス調整をおこなうことも重要なポイントになります。

発症してから長期の方や重度の方は、顎関節・頚椎・肩周りの筋緊張などのバランスをとるために、顎関節からはなれた場所の骨盤-腰椎・背中・手・肘・内臓の調整も必要になってきます。

プラスで、日常生活で顎関節への影響があると思われることに気をつけていただき改善を目指します。(例)頬杖や片噛みをしないように気をつける。顎の動かし方など。




顎関節の痛みや違和感が長引くと脳にストレスがかかり続けることになります。

そうすると脳から身体に指令を出す伝達機能に乱れが生じ、筋肉や骨格的に整っていても痛みやしびれを感じ続けるということがあります。

電気のスイッチが正常にON-OFFができなくなってる状態だと思ってもらうと分かりやすいかもしれません。

このスイッチのON-OFFを正常に機能するように、頚椎や腹部の太陽神経叢に対してアプローチして調整していきます。



顎関節症 4つのセルフケア


1、首や肩のこりを解消する
ストレッチやホットパックなどで温めるなどしてコリを解消することで顎への負担を軽減します。他には、肩甲骨を動かすと良いでしょう。

2、顎周辺の筋肉のマッサージ
軽い力で顎の周りや周辺をマッサージして筋肉を緩めることで顎への負担を軽減します。

3、適度な運動
ウォーキング、散歩といった気分もリラックできるくらいの運動をこまめに行うことで血流改善・リフレッシュ効果
が期待でき全身のバランスから顎への負担を改善します。

4、身体を温める
お風呂などで身体を温めることで血流改善・筋肉の弛緩・リラックスなどの効果があり顎への負担を軽減します。



  



初回(40分~60分) →検査料2000円+施術料6000円 税込
2回目以降(30分程度)施術料 →6000円 税込

痛みなど症状を改善させることを目的にしていますので、原因を探し出し、症状が改善するために必要なことだけさせていただきます。『長い時間施術してほしい』などの慰安目的の方にはご期待に答えることができませんのでご注意ください。




顎関節症は増加傾向にある症状の一つで、柔らかい食物をとるようになり顎の筋肉が弱くなってきていることに原因があるのではないか?と言われています。

もし、顎に違和感や軽い痛みを感じたりしたら早い目に病院や顎関節症を改善してくれる整体院などに行くか、どうしても行けないときは、適度な運動・軽い顎周辺のマッサージをし身体を温めてリラックスし改善を試みてください。



地図情報



お問い合わせは今スグこちら!


          
  


ページトップに戻る