information

メールボタン
お問い合わせボタン

有痛性外脛骨







スポーツなど運動中に足の内側が痛む
運動後に足の内側が痛くなる
足首より下の内側のところを押すと痛い
歩くと足の内側が痛む
激しいスポーツをしている


このような痛みや症状が続くと辛いですよね。
当院では、同じような症状でお悩みの方が多く改善されています。

まずは有痛性外脛骨を改善するために、知っておいた方が良いことがあります。



有痛性外脛骨とは


足の足根骨の中の舟状骨の内側に、本来ならない余分な過剰骨でき、その部位に痛みが発生したものを有痛性外脛骨といいます。
日本人の5人に1人の割合で外脛骨がみられ普通は痛みは伴わないことが多いです

若年層のスポーツをしている方に多い疾患ですが、成人でもみられます。

激しいスポーツや捻挫などが発症誘因になることが多いですが、はっきりとした原因がわからない場合もあります。



有痛性外脛骨の原因


有痛性外脛骨は、偏平足や捻挫が発症誘因になることがあります。
これらは主にスポーツでの激しい運動により、繰り返し外脛骨と舟状骨の結合部に負荷がかかることで炎症が起こり痛みを誘発します。

他には靴による圧迫が原因で発症することもありますが、はっきりとした原因がなく発症することもあります。



有痛性外脛骨の症状


スポーツなどの運動をされている方は、運動中に痛みがでてくる場合と運動後に痛みがでてくる、もしくは運動中、運動後のどちらも痛みがあらわれます。

スポーツなどの運動をされていない方は、歩行や走った時に痛みが生じることがあります。

それぞれ、押さえての痛み(圧痛)があります。



有痛性外脛骨の治療法


(保存療法)
・安静にする

目安として、運動は3週間程休む

・薬物療法
鎮痛剤や湿布などで炎症をおさえる

・温熱療法

・装具療法
ギプス固定やアーチサポート付きの足底板で負荷を軽減する

(手術療法)
・摘出術


・接合術
など







当院の有痛性外脛骨の原因


現在、痛みの出ている部位にだけ過度に負担がかかっている状態になっています。
過度に負担がかかっているということは、その部位だけが過度に働かされているということで、他に働いていないところがあるということです。

スポーツでも一部のポジションだけの人だけが動きまくって、何人かがサボっていたら体力が持たないでしょう。

なので、全員がチーム一丸となってそれぞれがそれぞれの働きをし負担を分担することで勝利をつかむことができるのだと思います。

身体でも同じことで、背骨や足根骨の歪み、筋肉のバランス、ストレスなどで身体全体のバランスが崩れ、一部分に負担が集中してしまうために痛みが生じます。

有痛性外脛骨の原因は、身体が一丸となって機能せず、その負担が外脛骨と舟状骨の結合部にかかっていることです。







有痛性外脛骨は、外脛骨と舟状骨の結合部に負担がかかり過剰骨を形成することで痛みが生じる疾患ですが、足の一部に負担がかかるような身体のバランスになっている状態を改善するために、骨盤からのバランスを整えることが必要です。

身体のバランスが整い、足にかかっている負担を改善することで再発の予防にもつながります。




足の骨は、足根骨という7個の骨で構成された部位があります。

有痛性外脛骨は、足に負荷が慢性的にかかり続けたことにより、この足根骨のバランスが崩れています。

7個の足根骨の調整をしバランスを整えることで、有痛性外脛骨の痛みを改善していきます。




有痛性外脛骨になると、下肢の筋肉に偏った緊張がしょうじています。

この筋肉の緊張のアンバランスを整えることで、足関節の位置が自然に整うように調整していきます。

特にふくらはぎの筋肉の調整が重要なポイントになってきます。







初回(40分~60分) →検査料2000円+施術料6000円 税込
2回目以降(30分程度)施術料 →6000円 税込

痛みなど症状を改善させることを目的にしていますので、原因を探し出し、症状が改善するために必要なことだけさせていただきます。『長い時間施術してほしい』などの慰安目的の方にはご期待に答えることができませんのでご注意ください。



お問い合わせは今スグこちら!


       

お問い合わせボタン


ページトップに戻る