京都 下京区の整体「仲山鍼灸整体院」TOP> 足底筋膜炎の症例ページ

information

メールボタン
お問い合わせボタン

60代 女性 右の足底に痛み


来院

2018年8月 60代 女性 京都


症状

・右の足底の痛み(朝起きた時が一番痛い)
・痛みがだんだんと強くなってきている
・整形で足底筋膜炎と診断をうけた
・階段の上り下りで右膝に痛み


初回

検査により、骨盤の歪み、足関節のズレ、背部~下腿の筋緊張、足底の筋緊張、右足底の圧痛を認める。重心を右にうつすと右足底に痛み。

背部~下腿(特にふくらはぎ)の筋肉調整、大腿外側の圧痛調整、骨盤調整、腓骨調整をおこない痛みの確認をすると先ほどより痛みが軽減。

足底の圧痛調整を重点的におこない、足関節調整&腓骨調整をし再確認すると更に痛みが軽減したので初回の施術はここで終了。

次回は、1週間後に来院して頂くようお伝えする。


4回目

朝起きた時に少し痛みを感じるが、だいぶ楽になっているとのこと。膝の痛みもマシだが階段を下りるときに、まだ少し痛みを感じる状態。

同様の施術と膝窩調整、足底の筋肉調整&圧痛調整を重点的におこない痛みの確認をするとかなり軽減したとのこと。


7回目

朝起きた時の痛みもだいぶ楽になって、階段での膝の痛みもかなり楽だとのこと。

骨盤調整とふくらはぎ~足底の筋肉調整を重点的におこない、次回の施術期間を2週間後にし症状がどの程度安定しているか診る。


9回目

痛みの状態、中心軸、筋肉の状態、骨格のバランスともに良好で安定してる。

クーラーでの冷えに注意してもらうようお伝えし施術終了。


施術法

背部~下腿(特にふくらはぎ)の筋肉調整、大腿外側の圧痛調整、骨盤調整、腓骨調整、足底の圧痛調整、足関節調整&腓骨調整、膝窩調整


院長の所見

足底の痛みを解消するためには、骨盤のバランスとふくらはぎの筋肉を整えることがポイントになってきます。

そして、足底筋膜炎に大敵なのは「冷え」です。夏場はクーラー、冬場は寒さによる冷えには充分注意する必要があります。

足底の痛みを改善して頂けて良かったです。



仲山鍼灸整体院 院長 仲山竜一郎
資格:鍼師、灸師、柔道整復師
修得:整体術、鍼灸、上部頚椎、カイロプラクティック、オステオパシーなど
 
京都で鍼灸整体院をさせてもらっています。

よく似た症状の症例

【50代】 女性 左足底の痛み&左ふくらはぎ~大腿後面のハリ

【60代】 男性 2~3ヶ月前から右の足裏に痛み

【40代】 女性 1ヶ月前から左足底に痛み、朝一が一番痛む

【50代】 女性 3ヶ月前から右足裏に痛み

【30代】 男性 3日前に右大腿後面が肉離れになった

【40代】 女性 1年前から左踵に痛み、朝が一番痛い

【10代】 男性 2年前から左足内側に痛み(有痛性外脛骨)

【10代】 女性 1年前から両足内側に痛み(有痛性外脛骨)

【20代】 女性 3ヶ月前から左踵に痛み、何もしなくても痛い

【30代】 女性 8ヶ月前から両踵に痛み


足底筋膜炎について詳しくはこちら



アクセス・地図



住所 京都市下京区西七条北西野町1番地

お問い合わせボタン


ページトップに戻る