京都 下京区の整体「仲山鍼灸整体院」TOP> 足底筋膜炎の症例ページ

information

メールボタン
お問い合わせボタン

40代 女性 左足底の痛み


来院

2019年5月 40代 女性 京都


症状

・1年前から左踵の痛み
・歩行時に痛み
・朝起きた時が一番痛む


初回

検査により、骨盤の歪み、ふくらはぎの張り、股関節の可動域制限、脛腓関節のアンバランス、足底筋の緊張、足関節のアンバランスを認める。

骨盤調整、臀部~大腿後面~ふくらはぎの筋肉調整、股関節調整、腓骨調整をし踵に体重をかけてもらい痛みの確認。少し痛みが軽減。

足関節調整、足底筋調整をおこない再確認したところ、痛みがかなり楽になったのでここで初回の施術終了。


3回目

日中の痛みはマシになってきているが、朝起きた時の痛みはまだあるとのこと。

そこで、骨盤からのバランスをとりつつ、ふくらはぎ~足底の筋肉調整を重点的におこない痛みの確認。

施術後は痛みをほぼ感じないようになる。


4回目~7回目

ここまで1週間に1回ペースで来院。7回目の施術時には、朝の痛みもかなり軽減し、軽くなら走れるようになってきたとのこと。

更に、骨盤調整、腓骨調整、足関節調整の骨格調整+ふくらはぎ~足底の筋肉調整をおこなっていく。

次回は2週間後に来院して頂くようお伝えする。


8回目~10回目

ここまで2週間に1回ペースで来院。

よく歩いた時や仕事が忙しい時は少し痛みを感じることもあるが、日常生活でほぼ気にならなくなっているとのこと。

そこで、1カ月後に来院してもらい戻りがないか診させてもらうことをお伝えしました。


11回目

痛みの戻りもなく、体重を踵にかけても痛くない状態。中心軸も筋肉バランスも良い状態に保たれている。

頭蓋~頚椎の調整も含め、全体のバランスを整え施術終了。


施術法

骨盤調整、臀部~大腿後面~ふくらはぎの筋肉調整、股関節調整、腓骨調整、足関節調整、足底筋調整、頭蓋~頚椎の調整


院長の所見

足底筋膜炎は、まず骨盤を丁寧に整えることが大切で、その後に緊張でアンバランスを起こしている筋肉を緩めることが施術のポイントになってきます。

しっかりとバランスが整い筋肉の緊張が緩んで安定してくれば自然と痛みは引いていきます。

足底の痛みが改善し良かったです。



仲山鍼灸整体院 院長 仲山竜一郎
資格:鍼師、灸師、柔道整復師
修得:整体術、鍼灸、上部頚椎、カイロプラクティック、オステオパシーなど
 
京都で鍼灸整体院をさせてもらっています。

よく似た症状の症例

【50代】 女性 左足底の痛み&左ふくらはぎ~大腿後面のハリ

【60代】 男性 2~3ヶ月前から右の足裏に痛み

【40代】 女性 1ヶ月前から左足底に痛み、朝一が一番痛む

【50代】 女性 3ヶ月前から右足裏に痛み

【30代】 男性 3日前に右大腿後面が肉離れになった


足底筋膜炎について詳しくはこちら



アクセス・地図



住所 京都市下京区西七条北西野町1番地

お問い合わせボタン


ページトップに戻る