京都 下京区の整体「仲山鍼灸整体院」TOP> 足底筋膜炎の症例ページ

information

メールボタン
お問い合わせボタン

40代 女性 両足踵と前の方の痛み


来院

2018年11月 40代 女性 京都


症状

・半年前から両足踵と前の方の痛み(特に右)
・最初は朝だけだったが現在は常に痛い
・5年前から腰痛


初回

検査により、骨盤の歪み、足関節のズレ、腓骨のズレ、筋緊張(腰背部、臀部~下腿、足底)踵に重心を乗せると痛みが出る。

腰背部~臀部の筋肉調整、骨盤調整、足関節調整、腓骨調整をし痛みを確認したところ、痛みが少し減った感じがするとのこと。

ふくらはぎ~アキレス腱の筋肉調整、足底調整をおこない再確認すると先ほどより痛みが大分ましになったので初回の施術はここで終了。

次回は1週間後に来院してもらうようお伝えしました。


3回目

日中の痛みはマシになってきているが、朝起きた時は痛みでる状態。

骨盤調整をしっかりし、腰周りの筋肉調整をしっかりおこない、足底の圧痛点を確認し足底調整を重点的にするとかなり痛みが軽減したので、さらに腓骨調整をおこなうと随分楽になったとのこと。


8回目

朝の痛みも楽になってきている。日によって右の方が痛かったり左の方が痛かったりし、痛む場所も踵の方が痛い日や足底の前の方が痛い日がある状態。

同様の施術をおこなうと痛み消失。


11回目

痛みをほとんど感じなくなった。たまにうっすら痛みを感じることがある状態。筋肉の状態も大分良くなってきている。

そこで、身体の安定具合を診させてもらうために次回は2週間後に予約をして頂く。


14回目

かなり良い状態で、朝に痛くなることも無くなったとのこと。腰痛も出ていない。

中心軸、筋肉の状態、骨格バランスともに良好に保たれているので、ここで施術終了。

痛みがキツかったので再発しないようにしたいということで、月に1回メンテナンス通院をして頂いております。


施術法

腰背部~臀部の筋肉調整、骨盤調整、足関節調整、腓骨調整、ふくらはぎ~アキレス腱の筋肉調整、足底調整


院長の所見

先に骨格バランスを整えた方が良い場合と筋肉バランスを整えた方が良い場合があるのですが、筋緊張がかなり強い場合は、骨格調整を繰り返しても筋肉に引っ張られてどうしてもバランスの戻りが早くなってしまうことがあるので、あまりにも筋緊張が強い場合は、先に筋肉を緩めて整えた方が改善が早いです。

半年間悩んでおられた痛みが改善して頂けて良かったです。



仲山鍼灸整体院 院長 仲山竜一郎
資格:鍼師、灸師、柔道整復師
修得:整体術、鍼灸、上部頚椎、カイロプラクティック、オステオパシーなど
 
京都で鍼灸整体院をさせてもらっています。

よく似た症状の症例

【50代】 女性 左足底の痛み&左ふくらはぎ~大腿後面のハリ

【60代】 男性 2~3ヶ月前から右の足裏に痛み

【40代】 女性 1ヶ月前から左足底に痛み、朝一が一番痛む

【50代】 女性 3ヶ月前から右足裏に痛み

【30代】 男性 3日前に右大腿後面が肉離れになった

【40代】 女性 1年前から左踵に痛み、朝が一番痛い

【10代】 男性 2年前から左足内側に痛み(有痛性外脛骨)

【10代】 女性 1年前から両足内側に痛み(有痛性外脛骨)

【20代】 女性 3ヶ月前から左踵に痛み、何もしなくても痛い

【30代】 女性 8ヶ月前から両踵に痛み

【60代】 女性 右足底の痛み、特に朝が一番痛い

【30代】 女性 左足底の痛み、朝一が一番痛む

【10代】 男性 2ヶ月前から両踵、左膝、左股関節の痛み

【40代】 女性 両ふくらはぎ&両足底の痛み


足底筋膜炎について詳しくはこちら



アクセス・地図



住所 京都市下京区西七条北西野町1番地

お問い合わせボタン


ページトップに戻る