京都 下京区の整体「仲山鍼灸整体院」TOP> 頚椎ヘルニアの症例ページ

information

メールボタン
お問い合わせボタン

40代 男性 頚椎ヘルニア(左腕~母指にかけての痛み)


来院

2018年5月 40代 男性 京都


症状

・頚後屈で背中~左腕~母指にかけて痛みとしびれ
・じっとしていても左頚~肩~肩甲骨にくる
・レントゲンで頚椎ヘルニアと言われた
・手足が冷たくなる
・半年前から肩こりや軽いしびれがあった


初回

検査により、頚椎のズレ、肩関節のズレ、筋緊張(頚、肩、背中、胸、腋窩)、骨盤の歪みを認める。うずきがキツい状態。

骨盤調整、頚椎調整、肩関節調整、筋肉に強い刺激を入れるとうずきとしびれが増強するので、ごく軽い刺激で筋肉調整をすると、うずきが少しマシになったとのこと。

腹部からの頚椎調整と目線を使った頚椎調整をし再確認すると、さらに緩和したので、ここで初回の施術終了。

次回はお仕事の都合もあり5日後に予約をして頂きました。


4回目

うずきがかなり楽になり、ぐっすりと眠れなかったのが眠れるようになったとのこと。しびれもまだあるが最初に比べたらかなり楽な状態。頚を後屈するとやんわりとしびれがくる。

前回までの施術に内臓調整をくわえて、身体全体のバランスを調整。


7回目

安静時痛(じっとしていても痛い)は消失。頚を後屈しても痛みもしびれも出なくなったとのこと。

頚の側屈と後屈で張りとつまり感があるので、可動域を広げる調整をすると改善。

再発しないように、全体バランスを整えここで施術終了。

最後に痛みやダルさやこり感などがでたら、我慢や無理をせずに、早い目に来院して頂くようお伝えしました。


施術法

骨盤調整、頚椎調整、肩関節調整、筋肉に強い刺激を入れるとうずきとしびれが増強するので、ごく軽い刺激で筋肉調整、腹部からの頚椎調整と目線を使った頚椎調整、内臓調整


院長の所見

かなりキツい安静時痛が出ている状態で、最初は筋肉に強い刺激はできない状態でしたので、先に骨格バランスを整えてから筋肉へのアプローチをするという順番で、できるだけ施術後の反応で痛みがでないように調整していきました。

安静時痛があるときは、刺激に対してかなり気をつけて調整していきます。

重度の症状が改善して頂けて良かったです。



仲山鍼灸整体院 院長 仲山竜一郎
資格:鍼師、灸師、柔道整復師
修得:整体術、鍼灸、上部頚椎、カイロプラクティック、オステオパシーなど
 
京都で鍼灸整体院をさせてもらっています。

よく似た症状の症例

【20代】 女性 首を前に倒すと背中が痛い(ストレートネック)

【50代】 男性 首~肩の痛み(頚椎ヘルニア)

【40代】 男性 両手&両足nしびれ、めまい&立ちくらみ

【40代】 女性 5年前から頚~肩にかけての痛み

【40代】 女性 今朝、寝違えで右頚~肩にかけて痛くなった


肩こり&腰痛について詳しくはこちら



アクセス・地図



住所 京都市下京区西七条北西野町1番地

お問い合わせボタン


ページトップに戻る