京都 下京区の整体「仲山鍼灸整体院」TOP> 左半月板損傷の症例ページ

information

メールボタン
お問い合わせボタン

50代 男性 左半月板損傷


来院

2018年1月 50代 男性 京都


症状

・半年前から左膝内側に痛み
・MRIで半月板損傷、手術が必要といわれた
・小走りでも痛い
・手術をしないで改善したい


初回

検査により、骨盤の歪み、頚椎のズレ、膝関節のアンバランス、筋緊張(腰背部、股関節、大腿、前脛骨筋)、膝内側の圧痛、屈曲痛を認める。

骨盤調整、頭蓋~頚椎の調整、筋肉調整(腰背部、股関節、大腿、前脛骨筋)、膝内側の圧痛調整をし確認すると、屈伸が先ほどより深いく曲げられるようになった。

腓骨調整、足関節調整をし再確認すると小走りでの痛みがマシになったので、ここで初回の施術終了。

次回は、1週間後にご予約して頂きました。


9回目

小走りをした時の痛みは消失。膝の曲がりもだいぶ良くなってきているとのこと。正座がまだできない状態。

膝窩調整、足指調整をおこなうと違和感は残るが正座ができるようになってきた。


14回目

軽くジョギングをしても痛みが出なくなり、正座もできるようになったとのこと。

中心軸、筋肉の状態、骨格バランスともに良好に保たれていて痛みのもどりもないので、ここで施術終了。


施術法

骨盤調整、頭蓋~頚椎の調整、筋肉調整(腰背部、股関節、大腿、前脛骨筋)、膝内側の圧痛調整、腓骨調整、足関節調整、膝窩調整、足指調整


院長の所見

半月板損傷の場合、正座ができなくなりますが無理に曲げようとすると、それまで良くなっていた痛みがもどってしまう可能性が高いです。

歩行や走るなどの痛みがぬけてきた後に、正座の調整をしていくのですが、この時に決して無理にやり過ぎないことが重要ポイントです。

手術を回避して頂けて良かったです。



仲山鍼灸整体院 院長 仲山竜一郎
資格:鍼師、灸師、柔道整復師
修得:整体術、鍼灸、上部頚椎、カイロプラクティック、オステオパシーなど
 
京都で鍼灸整体院をさせてもらっています。

よく似た症状の症例

【80代】 女性 膝の痛み、腫脹により歩行困難

【60代】 女性 2週間程前から、左腰~足にかけての痛み

【10代】 男性 左膝窩のしこり(ベーカー嚢腫)

【40代】 男性 2ヶ月前から左膝前の痛み

【80代】 女性 3ヶ月前から右膝内側に痛み(夜間痛あり)

【60代】 女性 右膝裏に痛みがあり歩けなくなった(ベーカー嚢腫)

【70代】 女性 右膝を曲げると痛い(夜間痛あり)

【30代】 女性 2ヶ月前から右膝裏に痛み、正座をすると違和感

【60代】 女性 あぐらの時&歩行時に右膝に痛み

【10代】 女性 1ヶ月前から左膝内側に痛み、運動後に痛めた

【70代】 男性 5日ほど前から右膝内側に痛み

【60代】 男性 2週間前から左膝裏に痛み&腰背部の痛み

【80代】 女性 3ヶ月前から右膝内側に痛み(夜間痛あり)


膝の痛みについて詳しくはこちら



アクセス・地図



住所 京都市下京区西七条北西野町1番地

お問い合わせボタン


ページトップに戻る