京都 下京区の整体「仲山鍼灸整体院」TOP> 歩くと右膝に痛みの症例ページ

information

メールボタン
お問い合わせボタン

60代 女性 歩くと右膝に痛み


来院

2019年10月 60代 女性 京都


症状

・歩行時とあぐらを組んだ時に右膝に痛み
・腰痛
・肩こり(特に肩甲骨内側)


初回

検査により、骨盤の歪み、股関節と臀部の圧痛、膝関節の歪み、肩~背部の筋緊張、大腿部の緊張を認める。

股関節と臀部の圧痛調整、肩から背部の筋肉調整、骨盤調整をおこない、あぐらを組んで痛みの確認をしてもらうと痛みが軽減しているとのこと。

大腿部の筋肉調整、膝窩調整をおこない再確認すると、だいぶ楽ということで初回施術はここで終了。

次回は1週間後に来院してもらうようお伝えしました。


4回目

あぐらを組んでも痛みがなく違和感が少しある程度で、腰痛&肩こりも感じないとのこと。各部位の圧痛もなくなってきてる。

同様の施術にくわえ、足指の膝関節調整、足の小指調整をおこなうと術後、膝の痛み消失。

次回は、安定度合いをみるために施術期間を2週間にあけてもらうようお伝えする。


7回目

あぐらを組んでも痛みを感じなくなっている。忙しくて疲れると腰にダルさを感じるが寝ると回復するということ。

筋肉調整と圧痛調整を重点的におこない、骨盤微調整をおこない確認にると全体的に良好になったので、ここで施術終了。


施術法

股関節と臀部の圧痛調整、肩から背部の筋肉調整、骨盤調整、大腿部の筋肉調整、膝窩調整、足指の膝関節調整、足の小指調整


院長の所見

この症例での施術ポイントは、膝内側部の圧痛調整&骨盤調整でした。

筋緊張や圧痛を丁寧にとり筋肉の偏りを調整することは、かなり慢性化した症状を改善するためには重要になります。

その筋肉を良い状態に安定させるために数回の施術が必要になりますが、安定すると症状の戻りや再発の防止に役立ちます。



仲山鍼灸整体院 院長 仲山竜一郎
資格:鍼師、灸師、柔道整復師
修得:整体術、鍼灸、上部頚椎、カイロプラクティック、オステオパシーなど
 
京都で鍼灸整体院をさせてもらっています。

よく似た症状の症例

【80代】 女性 膝の痛み、腫脹により歩行困難

【60代】 女性 2週間程前から、左腰~足にかけての痛み

【10代】 男性 左膝窩のしこり(ベーカー嚢腫)

【40代】 男性 2ヶ月前から左膝前の痛み

【80代】 女性 3ヶ月前から右膝内側に痛み(夜間痛あり)

【60代】 女性 右膝裏に痛みがあり歩けなくなった(ベーカー嚢腫)

【70代】 女性 右膝を曲げると痛い(夜間痛あり)

【30代】 女性 2ヶ月前から右膝裏に痛み、正座をすると違和感


膝の痛みについて詳しくはこちら



アクセス・地図



住所 京都市下京区西七条北西野町1番地

お問い合わせボタン


ページトップに戻る