information

メールボタン
お問い合わせボタン

筋肉について

筋肉の役割


筋肉の役割は大きく分けると3つあります。

伸びたり縮んだりして、身体を動かす。(等張性収縮)

運動や物を持ったり運んだり動きがある動作で、筋肉の使いすぎやオーバーワークで不具合が生じる

伸びも縮みもしない状態で筋肉に力が入っている。(等尺性収縮)

パソコンやデスクワーク、同じ姿勢や同側ばかりで物を持つなどしているときに緊張している。無意識に力が入っていることが多い。

慢性疾患の場合は等尺性収縮を長時間していたために筋疲労や緊張が生じてきますが、何をして痛くなったか心当たりがない場合が多い。

血液を流すポンプ作用

筋肉に緊張やコリが生じると身体全体の血流も悪くなり、各器官に酸素や栄養が充分に行きわたらず、余計に身体の緊張が生じる。

筋肉について

筋肉は日常での姿勢や作業、動作の癖により部分的に負担がかかり、その状態が続くことで痛みやコリの要因になります。

部分的に筋肉が引っぱられると身体がかたむいていき、姿勢も乱れ血流も悪くなるので定期的運動&なストレッチやお風呂などなんらかの方法で筋肉を良い状態に保つことが大切です。

筋肉を良い状態に保つためには、筋肉を構成している栄養素の「タンパク質」を意識的に摂取することも重要になってきます。


仲山鍼灸整体院 院長 仲山竜一郎
資格:鍼師、灸師、柔道整復師
修得:整体術、鍼灸、上部頚椎、カイロプラクティック、オステオパシーなど
 
京都で鍼灸整体院をさせてもらっています。


ページトップに戻る