information

メールボタン
お問い合わせボタン

変形性頚椎症







朝起きると首にこわばりを感じる
首を動かすと痛い
慢性的に肩こり、首の痛みがある
背中に痛みがある
休むと痛みが和らぐが動いていると痛くなる

手にしびれがある

このような痛みや症状が続くと辛いですよね。
当院では、同じような症状でお悩みの方が多く改善されています。

まずは変形性頚椎症を改善するために、知っておいた方が良いことがあります。



変形性頚椎症とは


変形性頚椎症は、頚椎の変形により頚部の痛みや肩こり背部痛がでる状態のことです。
人間の背骨は頚椎7、胸椎12、腰椎5で形成されており、その背骨の中でも特に頚椎での変形をきたしたものを変形性頚椎症といいます。

加齢にともない、頚椎の椎間板の水分量が低下したり椎間関節(背骨と背骨の関節面)に負担がかかり続けることで摩擦を生じ、骨棘を形成し頚椎の椎体に変形をきたすといわれています。

頚椎の変形がすすみ、脊髄が圧迫されたものを頚椎症性脊髄症、神経根が圧迫されたものを頚椎症性神経根症といい、これらは手や足のしびれや悪化すると筋力の低下や排尿障害などの症状もあらわれます。



変形性頚椎症の原因


変形性頚椎症は、主に老化や加齢にともない頚椎の椎体に負担がかかり、上下の椎体部が変形したり靭帯が肥厚してきます。

椎間板の水分量が低下したり、長年の姿勢の癖により頚椎に負担がかかり続けることで変形すると言われていますが、20代でも発症することもあることから加齢が原因といいきれないところもあります。



変形性頚椎症の症状


頚部痛、背部痛がでることが多く、首のこわばりや肩こり、首を動かすと痛みがでる、頭痛などの症状がでますが寝転んで安静にしていると症状が落ち着いてくることが多いです。

パソコンやスマホ、テレビを見ているなど長い時間同じ姿勢や作業をしていると、症状が強くなってくる傾向があります。

ひどくなってくると、しびれや異常感覚などの知覚障害、筋力低下、歩行障害、排尿障害などの症状があらわれることもあります。



変形性頚椎症の治療法


病院では
主に保存療法がおこなわれます。

・薬物療法
消炎鎮痛剤、筋弛緩剤、湿布など

・装具療法
頚椎カラー

・理学療法
温熱療法、牽引、電気療法、レーザー療法、マッサージなど

・注射
トリガーポイント注射など

・手術療法







当院の変形性頚椎症の原因


変形性頚椎症は、文字通り頚椎の椎体に変形がおこり、首の痛みやこわばり、背中の痛みやしびれなどの症状が生じる疾患です。

確かに、頚椎に変形がおこるのですが、変形があるからといって必ず痛みやしびれなどの症状がでるとは限りません。
中には、変形に気づかずに無症状の方もおられるのも事実です。

もし変形だけが原因なら、変形している椎体をなんとかしないと解決できないということになりますが、そうではありません。

そこで、大切なのは頚椎に負担がかかり変形が起こったのはなぜか?
ということです。変形に至るまでには繰り返し日常的に頚椎に負担がかかるような身体のバランスのまま日常生活を過ごしていたという過程があります。

頚椎の変形してしまった骨の形は元通りにはならないかもしれませんが、頚椎に負担がかかるような身体の状態を改善することで、お困りの首や背中の痛み、手のしびれなどの症状は改善していきます。









頚椎の一部にかかっている負担を身体全体で分担することで変形性頚椎症を改善していきます。

身体のバランスの状態が頚椎に過度の負担がかかるような状態になっているから、変形するに至ったのです。

頚椎が必死になって身体のバランスをとってくれていたと考えてください。

症状が出ている状態では、身体の中で働き過ぎているところと、あまり働いていないところがあり、働きにバランスの乱れがあります。

それを身体全体が一致団結して働くように施術することで身体の働きのバランスを整えていきます。

例えば、会社で営業部だけが他の部署の仕事までしていたとします。
経理部や人事部などはその分、働いていませんでした。

それでも営業部は、文句の一つも言わずに必死で会社のために働いていましたが、ある日ついに過労で動けなくなってしまいました。

この状況を改善するには?
営業部を強化することではなく、他の部署にも働いてもらい負担を分担し営業部を少し休ませることで会社組織の運営は改善します。

このようなことが、頚椎にもおこっていると考えてください。

なので、骨盤や肋骨、肩関節など頚椎に関連する場所を調整し、頚椎にかかり続けている過度の負担を軽減していきます。




骨格的にいえば、内臓と頚椎は直接的には関連性はないですが、間接的にかなり影響し合っています。

内臓と体幹は、内臓体性反射または体性内臓反射で互いに影響し合っています。

例えば、膵臓の調子が悪いと背中に痛みや緊張が生じたり、肝臓の調子が悪いと背中や肩に緊張が生じたりします。

筋肉や骨格に不具合がある時、内臓機能のバランスが影響していることも多々あります。

なので、変形性頚椎症を改善していくにあたり、この内臓の調整も重要なポイントになってきます。




変形性頚椎症になると、頚や肩周りの筋肉の緊張が生じています。頚や肩の凝りを感じていおられる方も多いと思います。

そのため、変形性頚椎症を改善していくにあたり、頚や肩周りの筋肉の調整をおこなう必要があります。

ただ、単純に押さえたりマッサージをしても緩んではきません。

なぜなら、頚や肩が緊張してしまうような身体のバランスになってしまっているからです。なので骨格や内臓を含めた頚椎にかかわる部分を調整し、頚や肩周りの筋肉が緊張しなくても良い状態に整えたうえで、筋肉へのアプローチをして変形性頚椎症の症状を改善していきます。







整体や鍼などの施術を受けようと思った時、一番気になるのが痛くないか?
という事だと思います。
当院の施術は、痛みを伴いません
実際に患者さんからのお言葉で多いのは「不思議っ」と「笑い」です。(笑)







勉強でもスポーツでも誰かに強制されてやった時と自分から自発的にやった時では、結果が明らかに違います

治療でも同じことが言えます。こちらが一方的に矯正(強制)したものには必ず反作用が生じます。

一方的に治療するのではなく、自分の身体の機能を高めるための、お手伝いをさせてもらいます。

自然に、勝手に、良くなっていく状態になっていくことで、再発の予防にもつながります







古くは坂本龍馬などが学んだ剣術の流派である「桓武月辰流」という武術(殺法)があり、その術理や理合を逆転的に活用した活法整体である妙見活法という、日本の伝統的な整体法で施術させてもらいます。

詳しくはこちら






少しでも早く痛みなどの症状から解放され、ご縁を頂いた患者さんのお役に立てるように、現在も技術向上のため毎月3~5回、研修会や勉強会に参加し治療技術やの質を高めています。






院長の仲山竜一郎は、厚生労働省管轄の国家資格である、「鍼師」「灸師」「柔道整復師」の3つの国家資格を有しています。全部で6年間、基礎医学や専門知識を学んでいます
 
 






完全個室!完全予約制なのでプライバシーも、安心で待ち時間もありません。

また、院内は曜日ごとに場所を分けて拭き掃除も徹底して行っていますので、常に清潔な状態で整体施術をうけて頂けます







口コミが多いので遠方からもたくさん来られます。結果を出し続けているからこそ口コミ・紹介をたくさん頂けていると思っています。

完全予約制なので、お待たせすることなく時間も読みやすいです

院前に駐車場も設けておりますので、お車でもお越しいただけます

一緒に症状改善を目指しましょう。あなたのご来院を心よりお待ちしております。





初回(40分~60分) →検査料2000円+施術料6000円 税込
2回目以降(30分程度)施術料 →6000円 税込

痛みなど症状を改善させることを目的にしていますので、原因を探し出し、症状が改善するために必要なことだけさせていただきます。『長い時間施術してほしい』などの慰安目的の方にはご期待に答えることができませんのでご注意ください。



お問い合わせは今スグこちら!


       

お問い合わせボタン


ページトップに戻る