information

メールボタン
お問い合わせボタン

ドケルバン病







京都 ドケルバン病



親指を動かすと痛みがある
手首を動かすと親指の付け根が痛む
字を書いたり箸を持つのが痛い
タオルを絞る動作で痛みがある
パソコンのタイピングやマウスの操作で痛みが出る


このような指や手首の症状が続くと辛いですよね。
当院では、同じような症状でお悩みの方が多く改善されています。

まずはドケルバン病を改善するために、知っておいた方が良いことがあります。




ドケルバン病とは


関節は、筋肉が伸び縮みすることで動きます。
その筋肉は腱に移行し骨に付いています。(筋→腱→骨に付く)
その腱が浮き上がらないように腱鞘という筒状のもので腱を止めています。

通常、腱鞘(筒)の中を腱がスムーズにスライドし動いているのですが、使いすぎなどにより負荷がかかり続けることで腱や腱鞘が肥厚し腱と腱鞘(筒)とのサイズが合わなくなることで(筒より中身が大きくなるor筒が腫れて狭くなる)腱と腱鞘の間に炎症が起こります。これを狭窄性腱鞘炎といいます。

ドケルバン病はこれが、母指側の2本の腱(短母指伸筋腱・長母指外転筋)と腱鞘の間に炎症が生じておこるものです。母指に発症しやすいのは1つの腱鞘の中を2本の腱が通るため隔壁が存在しているため狭窄しやすいと言われています。



ドケルバン病の原因


手や指の使いすぎによるものが多くパソコンやマウス、家事、赤ちゃんの抱っこ、楽器の演奏や文字をよく書くなど持続的に手や指を使うことの多い方に多くみられます。

他には妊娠出産期や更年期の女性にもみられます。これは、女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の変化によるものです。




ドケルバン病の症状


手をパーにするなど母指の動きにより痛みが生じる
手関節を動かすと母指付け根が痛い
瓶のふたを開けたりペンを握るなど、何かを掴む、持つ動作で痛む
髪の毛を洗う乾かす動作でも痛みを感じる

軽症段階の症状
手首にだるさや違和感がある
母指を動かすと少し痛みを感じるが、すぐに治まる

重症化した症状
動かすとズキっとした激痛がある
手関節の母子側が腫れる
じっとしていてもズキズキする



ドケルバン病の検査法


超音波検査
MRI
徒手検査

・フィンケルシュタインテスト
・アイヒホッフテスト
・腱の圧痛検査
・動作時痛の判定



ドケルバン病の治療


病院では
保存療法
安静にする、装具などでの固定術

物理療法
温熱療法、マッサージなど

薬物療法
消炎鎮痛剤、湿布薬、ステロイド注射

手術療法
腱鞘を切開する腱鞘切開術





当院のドケルバン病の施術





どうしても治療や施術をするにあたり患部だけをなんとかしようとする傾向があります。しかし、指関節を動かしている筋肉は、手関節や手根骨や肘関節に付いているわけです。

なので患部だけではなくその他の離れたところの関節を調整し患部に負荷がかかっている要因を改善することが重要になってきます。

その上で、患部や炎症に対してアプローチすることで改善されていきます。

具体的には、頚椎や肩関節、背骨の歪みにより末端である、手首や手の指に負担がかかるような身体のバランスになってしまうことでドケルバン病になっています。

この場合、頚椎や肩関節の調整が必要になります。

重症度が高い場合は、骨盤の調整が必要な場合もあります。
なぜなら、骨盤や腰椎の歪みと頚椎の歪みは密接に関係しているからです。

頚椎と腰椎、骨盤と頭蓋骨は相対的に動いて身体のバランスをとっています。
どちらかに歪みが生じると、もう一方もバランスをとるために歪んできます。

身体にはこのようなバランス保持機能があるので、末端の痛みであるドケルバン病でも身体全体のバランスを整えることが早期改善のポイントになってきます。

痛みが激痛であったり、痛みがきたあと安静にしていてもズキズキするような重症化したものは、1~2回の治療でスッキリ改善!というのは難しく、どうしても改善に期間が必要だということも理解していおた方が良いでしょう。

医師や専門家としっかりコミュニケーションをとり1つでも不安を取り除き改善を目指すことも大切です。




肩周りから腕の筋肉の緊張を緩め、筋肉バランスの調整をします。

ドケルバン病になるということは、それだけ肩周りや腕の筋肉に過剰な負担がかかっているということです。

手を握る動作は、腕の筋肉の力が関連しています。試しに、手の力を抜いた状態で反対の手で手首より少し上のところを握ってみてください。

五指がギューっと曲がってきたと思います。

なので、ドケルバン病を解消するためには、そこに関連する肩周りから腕の筋肉のバランスを整えることもポイントになってきます。




ドケルバン病による痛みが長引くと脳にストレスがかかり続けることになります。

そうすると脳から身体に指令を出す伝達機能に乱れが生じ、筋肉や骨格的に整っていても痛みやしびれを感じ続けるということがあります。

電気のスイッチが正常にON-OFFができなくなってる状態だと思ってもらうと分かりやすいかもしれません。

このスイッチのON-OFFを正常に機能するように、頚椎や腹部の太陽神経叢に対してアプローチして調整していきます。


ドケルバン病は腱鞘炎の一種で多くは指の使いすぎにより発症するものです。
そのまま使い方を変えずに使い続けると当然治りも遅くなります。とはいえ、手は何をするにも使わないといけない
ですよね?なので

日常生活の中のどういった要因が症状を招いたか?を考える。
手や腕など身体の使い方を変化させてみる。

という出来ることから日常生活を変化させてみましょう。






初回(40分~60分) →検査料2000円+施術料6000円 税込
2回目以降(30分程度)施術料 →6000円 税込

痛みなど症状を改善させることを目的にしていますので、原因を探し出し、症状が改善するために必要なことだけさせていただきます。『長い時間施術してほしい』などの慰安目的の方にはご期待に答えることができませんのでご注意ください。



通常、腱鞘(筒)の中を腱がスムーズにスライドし動いているのですが、使いすぎなどにより負荷がかかり続けることで腱や腱鞘が肥厚し腱と腱鞘(筒)とのサイズが合わなくなることで(筒より中身が大きくなるor筒が腫れて狭くなる)腱と腱鞘の間に炎症が起こります。

ドケルバン病はこれが、母指側の2本の腱(短母指伸筋腱・長母指外転筋)と腱鞘の間に炎症が生じておこるものです。

腱鞘炎やTFCC損傷など手首の腱で炎症を起こす疾患は、悪化すると長引く恐れがありますので手首に痛みを感じた際は早い目に対処することをおすすめ致します。



地図情報



お問い合わせは今スグこちら!


       

お問い合わせボタン


ページトップに戻る