information

メールボタン
お問い合わせボタン

肋間神経痛



寝返りをすると肋骨に激痛がはしる
くしゃみや咳をするだけで肋骨あたりに痛みがはしる
深呼吸で痛みがでる
鼻をかむと肋骨に痛みがはしる
笑うと痛い


このような痛みや症状が続くと辛いですよね。
当院では、同じような症状でお悩みの方が多く改善されています。

まずは肋間神経痛を改善するために、知っておいた方が良いことがあります。


肋間神経痛とは

背骨の胸髄からでている12対の肋間を走行している神経が何らかの理由で圧迫され激痛が生じる状態で、肋間神経痛は胃痛や胸やけなどと同じく症状名であり病名ではありません。

よく似た症状を呈する疾患があるため、以下の疾患との鑑別診断が必要な場合があります。
・狭心症
胸の真ん中あたりに胸痛がしょうじますが、突発的な痛みで数分で痛みが治まります。

・胸膜炎
結核やガンにより、肺に水が溜まり胸に痛みがしょうじる

・肋骨の損傷や胸椎の圧迫骨折
肋骨の損傷や胸椎の圧迫骨折の関連痛として肋間に痛みが生じる

・腫瘍(ガン)

・内臓疾患
心臓、肺、胃、肝臓、膵臓になんらかの疾患がありその反射で肋間に痛みが生じる




肋間神経痛の原因

肋間神経痛はなんらかの原因により、肋間神経が圧迫されたことにより生じる痛みです。

圧迫される原因として以下の4つがあります。
・筋肉や骨によるもの
運動不足や長時間の同じ姿勢(デスクワークなど)により肋間筋が硬くなることで肋間神経が圧迫されます。

・ウイルス感染によるもの
ウイルスの感染により肋間神経痛に沿った痛みが生じる。
同時に肋間神経に沿って疱疹がでますが、稀に疱疹がでない場合もあります。

・肋骨に外傷があるもの
肋骨に骨折またはヒビが入ったことによる関連痛

・ストレスによるもの
日常のストレスにより、呼吸が浅くなり持続的に呼吸筋や身体全体が緊張することで身体の歪みが生じ肋間筋が硬くなり肋間神経を圧迫されます。



肋間神経痛の症状

肋骨の動きにともなって痛みが生じます。
左右のどちらか片側だけに痛みがあらわれますが、ごく稀に両側に痛みがあらわれます。

寝返りをうつなど身体を捻じる、背筋を伸ばす、くしゃみや咳やあくび、鼻をかむ
大声をだす、深呼吸、話す、笑う、歩行など
身体を動かす動作時に痛みが生じ、激痛が走ります。

夜間寝ていても痛む安静時痛がある場合は、ガンなどの腫瘍の可能性もあるので病院での検査を受けてください。




肋間神経痛の治療法

病院では
・湿布などの消炎鎮痛剤

・装具療法
肋骨に外傷がある場合は装具による肋骨固定

・ステロイド

・理学療法
低周波など

・神経ブロック
局所麻酔による神経ブロック

・鍼治療も有効



これらの治療法があります。それでも、なかなか改善していない実情がありお悩みの方。

なぜ?あなたの肋間神経痛の痛みは改善しないのでしょうか?




当院の肋間神経痛の原因

肋間神経痛の原因は、神経圧迫かウイルス感染によるものです。

・神経圧迫の原因として筋骨格系、内臓系からの反射、ストレスがあります。
しかし、神経圧迫している部位だけをなんとかしようとしても、なかなか改善されません。

筋骨格系にしろ、内臓系にしろ、ストレスにしろ、身体の一部分にだけ負担がかかり過ぎているために、そこが限界を超えて悲鳴をあげている状態だということです

会社組織でも、営業部だけが忙しくて開発部と経理部がサボっているから営業部がその他の部署の仕事までやらされて休みもない状態と考えてみてください。
これでは、いくら営業部が頑張っていてもいずれ倒れてしまいます。

なので、全部署が同じ目的にむかって一致団結することが大切になってきます。

・ウイルス感染は、感染してしまう身体の状態に根本的な問題があります。
感染してしまうくらい免疫力が低下しているか、疲れが抜け切れていない、無理をし過ぎている状態だと感染してしまいます。
もちろん、ストレスも原因の一つとして考えられます。

しかし、上記の会社組織の話と一緒で、身体全体が一丸となって機能していないことに根本的な原因があります。


・肋骨の外傷によるものは、痛み方に違いがあります。
肋間神経痛の場合は、肋間神経の走行に沿った痛みが生じるのに対し肋骨の外傷の場合は、その部分だけに痛みが生じます。




肋骨にかかっている負担を全身で分担するからです。

当院では、肋骨の一部にかかっている負担を分担することで肋間神経痛を改善していきます。

症状が出ている状態では、身体の中で働き過ぎているところと、あまり働いていないところがあり、働きにバランスの乱れがあります。

それを身体全体が一致団結して働くように施術することで身体の働きのバランスを整えていきます。

具体的には、身体へ指令を出している「脳」の誤動作に対して正常な指令伝達が出来るようにアプローチしていきます。

そして、脳幹を解放することで脳からの伝達が全身にスムーズに伝わるように施術をしていくことで、自分で勝手にバランスをとる機能を回復させ再発予防にもつながります。               

脳幹の働き



脳幹を開放し、脳幹からの伝達をスムーズにすることで自律神経系・免疫系・脊髄筋骨格系・内分泌系のバランスが整います。
それにより元来、身体に本来備わっている、自然にバランスをとり治ろう整えようとする力である自然治癒力・生命力を高めて症状を改善していきます。




これらは病院でおわれているレントゲンやMRIでは診断や治療ができないことです。
(注)決して病院や西洋医学を否定しているわけではありません。絶対的に必要な医術です。ただ、診察や考え方に違いがあり、それぞれに得手不得手がありどちらも必要性があると考えています。

その上で、筋骨格系、内臓系、神経系など各器官に対して施術をおこない、
全身が一丸となって協調して機能するようになると痛みの改善+再発予防にもつながります。







整体や鍼などの施術を受けようと思った時、一番気になるのが痛くないか?
という事だと思います。
当院の施術は、痛みを伴いません
実際に患者さんからのお言葉で多いのは「不思議っ」と「笑い」です。(笑)







勉強でもスポーツでも誰かに強制されてやった時と自分から自発的にやった時では、結果が明らかに違います

治療でも同じことが言えます。こちらが一方的に矯正(強制)したものには必ず反作用が生じます。

一方的に治療するのではなく、自分の身体の機能を高めるための、お手伝いをさせてもらいます。

自然に、勝手に、良くなっていく状態になっていくことで、再発の予防にもつながります







古くは坂本龍馬などが学んだ剣術の流派である「桓武月辰流」という武術(殺法)があり、その術理や理合を逆転的に活用した活法整体である妙見活法という、日本の伝統的な整体法で施術させてもらいます。

詳しくはこちら






少しでも早く痛みなどの症状から解放され、ご縁を頂いた患者さんのお役に立てるように、現在も技術向上のため毎月3~5回、研修会や勉強会に参加し治療技術やの質を高めています。






院長の仲山竜一郎は、厚生労働省管轄の国家資格である、「鍼師」「灸師」「柔道整復師」の3つの国家資格を有しています。全部で6年間、基礎医学や専門知識を学んでいます
 
 






完全個室!完全予約制なのでプライバシーも、安心で待ち時間もありません。

また、院内は曜日ごとに場所を分けて拭き掃除も徹底して行っていますので、常に清潔な状態で整体施術をうけて頂けます







口コミが多いので遠方からもたくさん来られます。結果を出し続けているからこそ口コミ・紹介をたくさん頂けていると思っています。

完全予約制なので、お待たせすることなく時間も読みやすいです

院前に駐車場も設けておりますので、お車でもお越しいただけます

一緒に症状改善を目指しましょう。あなたのご来院を心よりお待ちしております。




初回(40分~60分) →検査料2000円+施術料6000円 税込
2回目以降(30分程度)施術料 →6000円 税込

痛みなど症状を改善させることを目的にしていますので、原因を探し出し、症状が改善するために必要なことだけさせていただきます。『長い時間施術してほしい』などの慰安目的の方にはご期待に答えることができませんのでご注意ください。


お問い合わせは今スグこちら!


       

お問い合わせボタン


ページトップに戻る